釈迦・ブッダ、因果応報などの用語を分かりやすく解説しています。釈迦の生涯、ブッダの名言、因果応報の意味など、専門用語も簡単に学べるサイトです。〜釈迦,ブッダ,因果応報,用語〜

仏 とは どんな意味?

仏教の深い教えを 初心者 にも分かりやすく解説しています。

仏教の教え を学ぼう!はじめての 仏教>仏 の 意味 について
仏 の正しい意味について学ぶ

仏教とは 仏の説かれた教え ということです。

日本ではいたるところに寺があり、その数はコンビニ以上とも

言われています。

私たちの身の回りには仏教的な建物や仏教に由来のあるもの

も沢山ありますね。

でも、仏教についてどれぐらい私たちは知っているでしょうか?

仏教と言うのは、仏の説かれた教えということです。

でも、「仏」って一体、どういうこ? 仏の意味から分からない

知らないと言う人も多いのではないでしょうか。

仏=死んだ人 という誤解 

仏といいますと、世間では 死んだ人という意味 で仏といっていますね。

たとえば、ある火葬場で、九十歳の女性と七十歳の男性の遺骨を取り違えて
遺族に渡した、という事がありました。

それを報道したアナウンサーが、「これでは仏も浮かばれませんね」と言っておりました。

また葬式に行きますと、「ここのお爺さんも、とうとう仏になってしもうたか」とか、

「こんな綺麗な死に顔の仏様、見たことないわ」とか聞こえてきます。

刑事ドラマでは 

「仏の身元をあらえ」

という場面もあります。

そういうことからいうと

仏 ということを みんな死んだ人という意味で使っています。

しかし、これは大変な誤解です。

もし仏=死人のことだとしますと、

仏教は死んだ人が説いた教えということになってしまいます。

死んだ人が教えを説けるはずがありませんよね

死人を仏というのは大変な間違いであると、お分かりになると思います。

では、仏様とはどんな方かなのか

仏とは・・

仏の悟りを開かれた方を 「仏」とか「仏様」

といわれます。

では 「さとり」とは一体何でしょうか????

よく さとった さとった なんて口にしますが

仏教でいう「さとり」とはどんなものなのか

それについてよく知って頂きたいと思います。

このサイトは過去のメルマガの記事をまとめたものです。ここでは書ききれない内容をメルマガで発信しています。

仏教がわかる 無料プレゼント差し上げます
ネガティブ思考を一瞬で解除するブッダの教えを無料公開

 

ブッダの教えた運命の法則 因果の道理を分かりやすく実践的に解説した78Pに及ぶ
レポートを無料でプレゼントします。自著では書ききれなかったブッダの教えを詳しく解説しています。メールアドレスを登録すると、レポートのダウンロードURLが届きます。今すぐ登録してブッダの智恵を受け取ってください。



プレゼント申し込みフォーム





メールアドレス

Copyright (C)仏教の教え|釈迦・ブッダ・因果応報・用語はこちら since 2009privacypolicy

全ページリンクフリーです。