釈迦・ブッダ、因果応報などの用語を分かりやすく解説しています。釈迦の生涯、ブッダの名言、因果応報の意味など、専門用語も簡単に学べるサイトです。〜釈迦,ブッダ,因果応報,用語〜

いろは歌 は どんな意味

仏教の深い教えを 初心者 にも分かりやすく解説しています。

仏教の教え を学ぼう!はじめての 仏教>いろは歌 の意味について
いろは歌の意味について学ぶ

私たち日本人にとっておなじみのいろは歌
にはとても素敵なメッセージが込められています。

いろは歌

いろはにほへと ちるぬるを

わかよたれそ  つねならむ

うゐのおくやま けふこえて

あさきゆめみし ゑいもせす 

今からこのいろは歌に秘められた真実を
解き明かしていきましょう。

いろは歌 は、全ての仮名の音を使って作られている歌で、
仮名を覚えるために古くから使われてきたものです。

かなの配列順は「いろは順」として中世〜近世の辞書類等に
広く利用されてきました。

いろは歌

「色は匂へど 散りぬるを」
「我が世誰ぞ 常ならむ」
「有為の奥山 今日越えて」
「浅き夢見じ 酔ひもせず」

★このいろは歌

仏教のお経の中 次の言葉をもとにしたといわれています。

諸行無常 ・・「色は匂へど 散りぬるを」

是生滅法 ・・「我が世誰ぞ 常ならむ」

生滅滅已 ・・「有為の奥山 今日越えて」
 
寂滅為楽 ・・「浅き夢見じ 酔ひもせず」

いろは歌 意訳】

「色は匂へど 散りぬるを」

花は咲き誇っていても、やがて必ず散ってしまうように
どんな幸せも色あせてしまう。

「我が世誰ぞ 常ならむ」

いったいこの世で永遠に生き続ける
ことができる人がいるのだろうか。
いや、必ず、すべてとわかれてひとり
で死んでいかねばならない。

「有為の奥山 今日越えて」

何のために生きるのか分からない
苦しみの人生を今日、越えた私の幸せは

「浅き夢見じ 酔ひもせず」

つらいことをごまかすために酒を飲んで夢見ているような、
偽りの幸せではない夢さめたはっきりした絶対の幸福の身になったのです。

このいろは歌には

私達の人生にホントの幸せがあることが
教えられています。

これから皆さんと
いろは歌に示されたホントの幸せとは何かを学んでいきましょう。

お話を聞き終わった後、あなたの仏教観は一変しているでしょう

そして

あなたの人生観も大変わりしているはずです。

人生は無意味な悪の連続 でもありません。
人生は無益な受難    でもありません。
生まれてすみません   でもありません。

1人1人の人生にとてつもなく素晴らしい意味があることが分かります。

      天上天下 唯我独尊(釈尊)

(小冊子 いろは歌の真実 より抜粋)

全文を希望される方は、以下のメルマガに登録されるとダウンロードURLを
送信致します。

仏教がわかる 無料プレゼント差し上げます
ネガティブ思考を一瞬で解除するブッダの教えを無料公開

 

ブッダの教えた運命の法則 因果の道理を分かりやすく実践的に解説した78Pに及ぶ
レポートを無料でプレゼントします。自著では書ききれなかったブッダの教えを詳しく解説しています。メールアドレスを登録すると、レポートのダウンロードURLが届きます。今すぐ登録してブッダの智恵を受け取ってください。



プレゼント申し込みフォーム





メールアドレス

Copyright (C)仏教の教え|釈迦・ブッダ・因果応報・用語はこちら since 2009privacypolicy

全ページリンクフリーです。