釈迦・ブッダ、因果応報などの用語を分かりやすく解説しています。釈迦の生涯、ブッダの名言、因果応報の意味など、専門用語も簡単に学べるサイトです。〜釈迦,ブッダ,因果応報,用語〜

諸行無常 とは どんな意味?

仏教の深い教えを 初心者 にも分かりやすく解説しています。

仏教の教え を学ぼう!はじめての 仏教>諸行無常 の意味について
諸行無常 の意味について学ぶ

諸行無常 とは

これは、私たち日本人にとって最も身近な仏教用語の一つと
言えるでしょう。

平家物語 の 冒頭に

 祇園精舎の鐘の声
 諸行無常の響きあり
 沙羅双樹の花の色
 盛者必衰の理をあらわす

 諸行無常 

諸行・・とはすべてのもの

無常・・とは常がない ということで一瞬たりとも同じ状態を留めることは出来ない

ということです。

私たちは、物事がいつか、変わり、色あせ、うつろいで行くことは
分かっていますし知っています。

ところが、今、しばらくは、変わらないだろう、大丈夫だろうと思っている。

人間はいつかは死んでいかねばならないと思っているが、今日死ぬとは思えない。
このパソコンも、いつかは壊れるだろうけど、今日は大丈夫だろう・・
彼女とも何時か別れが来るかもしれないが、しばらくは大丈夫だろう

このように、壊れてしまうのは、ずっと先で、今は大丈夫と
かたくなに信じ込んでいるのが私たちです。

ところが、お釈迦様は、

 今、一瞬 一瞬が変わり続けているのですよ
 一瞬たりとも同じ状態を留めることは出来ないのですよ
 
 諸行は無常なり と教えられています。

仏教がわかる 無料プレゼント差し上げます
ネガティブ思考を一瞬で解除するブッダの教えを無料公開

 

ブッダの教えた運命の法則 因果の道理を分かりやすく実践的に解説した78Pに及ぶ
レポートを無料でプレゼントします。自著では書ききれなかったブッダの教えを詳しく解説しています。メールアドレスを登録すると、レポートのダウンロードURLが届きます。今すぐ登録してブッダの智恵を受け取ってください。



プレゼント申し込みフォーム





メールアドレス

Copyright (C)仏教の教え|釈迦・ブッダ・因果応報・用語はこちら since 2009privacypolicy

全ページリンクフリーです。