仏滅

仏滅は仏教の教えではありません 仏教の 運命観 因果の道理を詳しく解説しています

仏教に仏滅はない

今日はよくカレンダーに出てくる

大安や仏滅について・・・

仏滅・・というと仏教から来ていると思う人もいるでしょうから、
その誤解を解いておこうと思います。

以下、ウィキペディアから

仏滅や友引という、仏事と関わり合いそうな言葉が多く使われているが、
仏教では、釈迦は占いを禁じている。
また、浄土真宗では親鸞が「日の吉凶を選ぶことはよくない」
と和讃に於いて説いたため、迷信、俗信一般を否定しており、
特にタブーとされている。このため、仏教とは一切関係無く、
仏事と関わり合いそうな言葉が多いのは、全くの当て字に因る。

以上のように、仏滅とか大安とかは、仏教とは全く関係はありません。

それどころか、お釈迦さまはどう教えられているかというと

「如来の法の中に吉日良辰をえらぶことなし」(涅槃経)

といわれて、私の説いた仏教には、いい日、悪い日、いい方角悪い方角などを選ぶことはないのです。

と日や方角の善悪を否定しておられます。

そして、私たちの運命は、自分の行いが生みだすものなのだから、
よい行いをすればよい結果が、悪い行いをすれば、悪い結果がやってくるのだよ。

だから、一生懸命、善に向かえば、どんな日も素晴らしい日になるのだよ。

「日々、是、好日」と説かれています。

お釈迦さまの教えをそのまま伝えられた親鸞聖人

かなしきなかや道俗の
良時吉日えらばしめ
天神地祇(てんじんじぎ)をあがめつつ
卜占祭祀(ぼくせんさいし)つとめとす

★悲しいことだ、僧侶も在家の人も
お釈迦様が迷信だと破られた日の善悪を信じて、この日は仏滅だからやめておこう
大安だから、この日にしようとえらんでいる。
天の神、地の神をあがめて、占いを本業としている。

このように仰っています。

迷信が今日よりもずっと影響を持っていた鎌倉時代に於いて
なんと現実的な教えでしょうか。

迷信に頼る生き方では運命を切り開くことはできません。

善因善果
悪因悪果
自因自果

自分の行いが自分の運命を生み出す。

このことを一貫して教えられたのが仏教なのです。

  
→その他の記事はこちら

 

仏教がわかる 無料プレゼント差し上げます
ネガティブ思考を一瞬で解除するブッダの教えを無料公開

 

 

ブッダの教えた運命の法則 因果の道理を分かりやすく実践的に解説した78Pに及ぶ
レポートを無料でプレゼントします。自著では書ききれなかったブッダの教えを詳しく解説しています。メールアドレスを登録すると、レポートのダウンロードURLが届きます。今すぐ登録してブッダの智恵を受け取ってください。



プレゼント申し込みフォーム





メールアドレス

Copyright (C)仏教の教え を学ぼう!はじめての 仏教 since 2009

全ページリンクフリーです。