自業自得 と 因果応報について

仏教の 運命観 因果の道理を詳しく解説しています

業力不滅

私たちの心や口や体でやった行い(業)

は業力といって結果を生み出す力と

なってやった本人に蓄えられていくと

お釈迦様 説かれています。

これを業力不滅(ごうりきふめつ)とか

不滅の業力といいます。

誰も見ていないところでやったことでも

誰も聞いていないと思っていったことでも

やったという事実は事実です。

なので必ず結果を生み出す力となって

やった本人に残るのです。

たとえば体の行い

これを仏教で身業(しんごう)といいます。

《一度身についた習慣はなかなか離れない》

一度身についた悪い習慣はなかなか離れません。

朝寝坊・・がやまらない・・という人もあるでしょう。

おかもんも学生時代そうでした。

6時に起きるぞ!!

と目覚ましかけて

朝、目が覚めるのですが、まだ、時間があるから

後 10分・・・

ハッと気がつくと6時30分・・・

まずい、初日から。。

次の日はと思って寝るのですが

今度は6時30分に目が覚める

じゃあ、6時30分に起きることにしよう

と起床の時間を変える。

とことが次の日6時30分に目が覚めると

あと10分 あと20分・・

この繰り返しで7時になり 8時になり

気がつくとお昼になっていた・・そんなことがあります。

寝ぼう・・という体の行い(身業)がどんどん自分を縛るのです。

寝れば寝るほど眠くなる

食べれば食べるほど食べたくなる

やればやるほど、私たちは自分のやった行いによって縛られていく。

そして自分でもコントロールがきかなくなる。

なぜか???

それは私たちの行い(業)に力があるからです。

お釈迦様は業力不滅(ごうりきふめつ)

と説かれています。

誰も見ていないところでやったりいったり思ったり

したことが運命・結果を生み出す力となってやった本人に

蓄えられるのです。

だから

まいた種は必ず生えるということです。

苦しい時、つらい時、あいつのせいこいつのせいと

すぐに犯人捜しをします。

しかし、静かに自分のやってきた行いを振り返ってみましょう。

案外そこに答えがあるものです。

  
→その他の記事はこちら

 

仏教がわかる 無料プレゼント差し上げます
ネガティブ思考を一瞬で解除するブッダの教えを無料公開

 

 

ブッダの教えた運命の法則 因果の道理を分かりやすく実践的に解説した78Pに及ぶ
レポートを無料でプレゼントします。自著では書ききれなかったブッダの教えを詳しく解説しています。メールアドレスを登録すると、レポートのダウンロードURLが届きます。今すぐ登録してブッダの智恵を受け取ってください。



プレゼント申し込みフォーム





メールアドレス

Copyright (C)仏教の教え を学ぼう!はじめての 仏教 since 2009

全ページリンクフリーです。