自業自得 と 因果応報について

仏教の 運命観 因果の道理を詳しく解説しています

惑業苦・・負のスパイラル

お釈迦様は私たちが苦しみの世界に堕ちていく

過程を惑業苦(わくごうく)と教えられました。

どんな人も、この惑業苦を繰り返して

最後は自分でももうどうしようもない状態

地獄に堕ちてしまうのです。

では惑業苦とはどんなことでしょうか。

惑とは まどい

業とは 行い

苦は  苦しみ

私たちは 苦しいこと、不安なこと、退屈な日常、イライラする、
思いどうりにならないこと

そんなことがあると、まどいの心を起こします。

ちょっとした出来心で・・

なんていいますが、普通は思いつかないことを思ったり

してしまいます。

そんな まどい(惑)が体や口を動かす

すると、今までやったことのなかったようなことをやってしまいます。

それが、今度は苦しみとなってやってくる。

すると余計 苦しくなってくるから

また、まどう(惑)

さらにひどいことをやる(業)

もっと苦しむ 

もっと惑う・・・

この繰り返しで

最初は万引きだったのが

窃盗 詐欺

あげくの果てには

強盗殺人 と

どんどん苦しみは深まっていくのです。

ちょっとしたウソをごまかすために

余計に大きなウソをつく

そのウソがばれないために

さらにもっと大きなウソをつく

ばれたときにはすべてを失ってしまう。

こんなことは家庭内から

会社の粉飾会計まで様々です。

私たちが悪いほうに悪いほうに

苦しいほうに苦しいほうに

堕ちていくパターンは決まって

この惑業苦の繰り返しではないでしょうか。

もしみなさんが、

にっちもさっちもいかない状態にはまっているならば

他人を恨む前に

自分が惑業苦の輪にはまっていないか

よく見つめてみてください。

必ず、抜け出す糸口があるはずです。

それについては続けてお話ししましょう。

  
→その他の記事はこちら

 

仏教がわかる 無料プレゼント差し上げます
ネガティブ思考を一瞬で解除するブッダの教えを無料公開

 

 

ブッダの教えた運命の法則 因果の道理を分かりやすく実践的に解説した78Pに及ぶ
レポートを無料でプレゼントします。自著では書ききれなかったブッダの教えを詳しく解説しています。メールアドレスを登録すると、レポートのダウンロードURLが届きます。今すぐ登録してブッダの智恵を受け取ってください。



プレゼント申し込みフォーム





メールアドレス

Copyright (C)仏教の教え を学ぼう!はじめての 仏教 since 2009

全ページリンクフリーです。