自業自得 と 因果応報について

仏教の 運命観 因果の道理を詳しく解説しています

ナワを恨むドロボー

<ナワを恨むドロボー>

という諺があります。 ドロボーがつかまって縄で縛られている。

しょっ引かれながら、ぶつぶつ小言を言っている。

おれがこんなに苦しんでいるのは ナワのせいだ

このナワさえなければ 俺はこんなに苦しまなくてもいいのだ

とナワのせいにしている・ こんなドロボーがいたら

みなさん、賢いと思いますか? 馬鹿だと思いますか?

        馬鹿な泥棒です。


つかまって縄で縛られるのは

泥棒という行いをしたからです。

ですから原因は ドロボーという自分の行いですよね。

ナワが原因のはずがありません

ナワは何かというと この場合、縁ということになります。

だからどんなにナワという縁があっても

泥棒という種まき(業)をしていない人には

縛られて苦しむという結果は起きません。

泥棒はなんで自分が縛られなくてはならないのか

それを考えようともせず、縛っているナワのせいにしている。

こんなのを ナワを恨むドロボー といいます。

これだと笑い話のようですが、

私たちの日常には

ナワを恨むドロボーを笑えないケースも多くありますね。

たとえば・・・・

○スピード違反で捕まった時

なんでこんなところの白バイがいるんだ!!

こんなところに白バイがいたから捕まったんだ。

と白バイのせいにしたり

○テストの結果が悪かった時

なんでこんな難しい問題がでるんだ

ほかのところはちゃんと勉強していたのに

テストが悪い(-"-)

とテストのせいにする。

これではナワを恨んでいるドロボーと変わりがないのではないでしょう(T_T)

制限速度を守っていれば

白バイがいてもつかまらなかったし

ちゃんと勉強しておれば

ヤマカンはずれても大丈夫だったのです。

仏教の教えの根幹は

善因善果
悪因悪果
自因自果

善い運命も
悪い運命も

自分の行いが生み出した結果なのだとお釈迦様教えられます。

  
→その他の記事はこちら

 

仏教がわかる 無料プレゼント差し上げます
ネガティブ思考を一瞬で解除するブッダの教えを無料公開

 

 

ブッダの教えた運命の法則 因果の道理を分かりやすく実践的に解説した78Pに及ぶ
レポートを無料でプレゼントします。自著では書ききれなかったブッダの教えを詳しく解説しています。メールアドレスを登録すると、レポートのダウンロードURLが届きます。今すぐ登録してブッダの智恵を受け取ってください。



プレゼント申し込みフォーム





メールアドレス

Copyright (C)仏教の教え を学ぼう!はじめての 仏教 since 2009

全ページリンクフリーです。