自業自得 と 因果応報について

仏教の 運命観 因果の道理を詳しく解説しています

世界はだれがつくったの?

お釈迦様は

この世界もだれかが作ったものでもなけれは
支配しているものでもない

はてしない過去から
成住壊空(じょうじゅうえくう) を繰り返しているのだよ

ととかれています

お釈迦さまは、宇宙は「成住壊空」を繰り返し、
始まりのない始まりから存在しているのだ、と説かれました。

「成住壊空」とは、ものが生まれ、しばらく形をとどめ、
やがて壊れ、形のない状態になる、ということです。

その形のない状態からまた、生まれ 形をとどめ やがて壊れを
繰り返しています。

仏教に次のような話も伝わっています。

釈尊がおられた時、第六天魔王なるものが大衆に説法していました。

「おまえたちは、おれが造ってやったのだ。おれは正しきものに味方する。
だから、おれの言うことを聞けば福を恵んでやるが、おれに背いたことをすれば罰を下してやるぞ」

そこで釈尊が、第六天魔王を呼ばれて、

「おまえは何というでたらめを言うのだ。
おまえの造った世の中というものがあるのか。この世の中はだれの造ったものでもない」

と言われますと、

第六天魔王は、

「いや真理は、そうでございましょうが、こうでも申しておきませぬと、こいつらは何をするか分かりませんからね」
と言ったという話です。この話にもあるとおり、

仏教は宇宙創造説を否定し、万有は変化流転してやまないと説きます。


この世界の創造主もいなければ支配者もいません。

自分の運命を生み出したものはすべて自分の行いです。

苦しいことも 楽しいことも 全部です。

そしてこれからの自分の運命もまた

自分の行いが生み出していくのです。

  
→その他の記事はこちら

 

仏教がわかる 無料プレゼント差し上げます
ネガティブ思考を一瞬で解除するブッダの教えを無料公開

 

 

ブッダの教えた運命の法則 因果の道理を分かりやすく実践的に解説した78Pに及ぶ
レポートを無料でプレゼントします。自著では書ききれなかったブッダの教えを詳しく解説しています。メールアドレスを登録すると、レポートのダウンロードURLが届きます。今すぐ登録してブッダの智恵を受け取ってください。



プレゼント申し込みフォーム





メールアドレス

Copyright (C)仏教の教え を学ぼう!はじめての 仏教 since 2009

全ページリンクフリーです。