自業自得 と 因果応報について

仏教の 運命観 因果の道理を詳しく解説しています

風が吹けば おけ屋がもうかる?
風が吹けばおけ屋がもうかるという諺があります。

これは 風が吹けば砂ぼこりが目に入る。

すると目を悪くして、三味線引きになる人が出てくる。
(昔は盲目の人は三味線引きになったそうです)

三味線には猫の皮が使われるから

町の猫が減っていく 猫が減るとネズミが増える。

ネズミが増えると桶がかじられる。

桶がかじられると桶を買い替える人が増える。

するとおけ屋がもうかる。

だから

風が吹けばおけ屋がもうかる。

といいます。

おけ屋さんは

最近 売り上げがいいな

どうしたんだろうと思っても

まさか、その原因が風が強く吹いたからということだとは

思いもよらないでしょう。

ですが、たどっていくと必ず原因があるのです。

仏教では

どんな結果にも必ず原因がある と教えられます。

えっ こんなことにも??

と思うことにも必ず原因があるのです。

ただ、いろんな因と縁が複雑にからみあって

原因と結果の関係がわからないだけです。

≪等流因等流果≫

殴ったら殴り返された。

悪口を言ったら、悪口を言い返された・・・・

腐ったものを食べたらお腹を壊した・・・

これならだれでもわかります。

こんなのを

等流因等流果(とうるいんとうるか)

といいます。

逆に

≪異熟因異熟果≫

風が吹けばおけ屋がもうかる

殴ったら、風を引いた・・

など原因と結果が複雑にからみあって

わからないこともあります。

こんなのを

異熟因異熟果(いじゅくいんいじゅくか)といいます。

どちらにせよ

お釈迦様は

どんな結果にも必ず原因があるのですよ

原因なしに起きる結果は万に一つ億に一つ

絶対にないのですよ

だから

まかぬ種は生えぬ
まいた種は必ず生える

と厳然と因果の道理を説かれています。

  
→その他の記事はこちら

 

仏教がわかる 無料プレゼント差し上げます
ネガティブ思考を一瞬で解除するブッダの教えを無料公開

 

 

ブッダの教えた運命の法則 因果の道理を分かりやすく実践的に解説した78Pに及ぶ
レポートを無料でプレゼントします。自著では書ききれなかったブッダの教えを詳しく解説しています。メールアドレスを登録すると、レポートのダウンロードURLが届きます。今すぐ登録してブッダの智恵を受け取ってください。



プレゼント申し込みフォーム





メールアドレス

Copyright (C)仏教の教え を学ぼう!はじめての 仏教 since 2009

全ページリンクフリーです。