自業自得 と 因果応報について

仏教の 運命観 因果の道理を詳しく解説しています

運が悪い は 意味不明の言葉

よく悪いことが起きた時にどうしてこんな目にあったんだろう??

それは 運が悪かったからだ なんていいますね。

でもこれは 意味不明   イミフ です。

運が悪かった・・というのは

運命が悪かった ということですが

問題はどうして悪い運命だったのかということです。

そうしてこんな悪い運命になったのか?

それは運が悪かった・・

これでは答えになりませんね。

お釈迦様は

どうして悪い運命になったのか

それにも必ず原因があるのだからそれを見つめていきなさい

と教えられているのです。

「たまたま」  「偶然」 「運が悪い」 と

投げ出しそうになった時 ちょっと立ち止まってみて下さいね。



  

→その他の記事はこちら

 

仏教がわかる 無料プレゼント差し上げます
ネガティブ思考を一瞬で解除するブッダの教えを無料公開

 

 

ブッダの教えた運命の法則 因果の道理を分かりやすく実践的に解説した78Pに及ぶ
レポートを無料でプレゼントします。自著では書ききれなかったブッダの教えを詳しく解説しています。メールアドレスを登録すると、レポートのダウンロードURLが届きます。今すぐ登録してブッダの智恵を受け取ってください。



プレゼント申し込みフォーム





メールアドレス

Copyright (C)仏教の教え を学ぼう!はじめての 仏教 since 2009

全ページリンクフリーです。