釈迦・ブッダ、因果応報などの用語を分かりやすく解説しています。釈迦の生涯、ブッダの名言、因果応報の意味など、専門用語も簡単に学べるサイトです。〜釈迦,ブッダ,因果応報,用語〜

仏教に学ぶ 怒らない技術

仏教の深い教えを 初心者 にも分かりやすく解説しています。

怒らない技術 いわれなき非難は受け取らない

「売り言葉に買い言葉」と言われますが、何か心外なことを

言われると言い返したくなるもの 

逆に何も言い返さないと負けたと思ってしまう。

意地や我慢でもう後には引けない、そういう状態になって

怒りが、怒りを呼び、さらに大きな争いになってお互いを

傷つけ苦しむことになってしまいます。

そんな時どうしたらいいのでしょうか?

それは、何か、気に入らないことを言われても

受け取らなければよいのです。

松風の音や波の音にうるさいと腹を立てても仕方がありません。

ただ、聞き流すより他はなく、気に留めなければ腹が立ちません。

お釈迦様とある若者とのやり取りにこんなことが伝えられています。

あるとき、外教徒の若い男がお釈迦様の所にきて、さんざん、悪口を言った。

黙って聞いておられた釈尊は、彼が言い終わると、静かにたずねられた。

「おまえは、祝日に、肉親や親類の人たちを、招待し、歓待することがあるか」

「そりゃ、あるさ」

「親族がそのとき、おまえの出した食べ物を食べなかったらどうするか」

「食わなければ、残るだけさ」

「私の前で悪口雑言ののしっても、私がそれを受けとらなければ、
その悪口雑言は、だれのものになるのか」

「いや、いくら受けとらなくとも、与えた以上は与えたのだ」

「いや、そういうのは与えたとは言えない」

「それなら、どういうのを受けとったといい、どういうのを受けとらないというのか」

「ののしられたとき、ののしり返し、怒りには怒りで報い、打てば打ち返す。
闘いを挑めば闘い返す。それらは与えたものを受けとったというのだ。
しかし、その反対に、なんとも思わないものは、与えたといっても受けとったのではないのだ」

「それじゃあなたは、いくらののしられても、腹は立たないのか」

釈尊は、おごそかに、偈(うた)で答えられた。

「智恵ある者に怒りなし。よし吹く風荒くとも、心の中に波たたず。
怒りに怒りをもって報いるは、げに愚かもののしわざなり」

「私は、ばか者でありました。どうぞ、お許しください」

外道の若者は、落涙平伏し帰順したといわれます。

お釈迦様のようなどんな悪口批難に対しても超然とした態度を取ることは
私たち凡夫にはとても出来ませんが、くだらない非難や中傷に目くじら立てて
一緒になってケンカするのは同じ程度の人間ということになってしまいます。

本当に的を得た批判ならありがたく反省し、

的外れな非難中傷なら受け取らなければいいということですね。

このサイトは過去のメルマガの記事をまとめたものです。ここでは書ききれない内容をメルマガで発信しています。

仏教がわかる 無料プレゼント差し上げます
ネガティブ思考を一瞬で解除するブッダの教えを無料公開

 

ブッダの教えた運命の法則 因果の道理を分かりやすく実践的に解説した78Pに及ぶ
レポートを無料でプレゼントします。自著では書ききれなかったブッダの教えを詳しく解説しています。メールアドレスを登録すると、レポートのダウンロードURLが届きます。今すぐ登録してブッダの智恵を受け取ってください。



プレゼント申し込みフォーム





メールアドレス

Copyright (C)仏教の教え|釈迦・ブッダ・因果応報・用語はこちら since 2009privacypolicy

全ページリンクフリーです。