釈迦・ブッダ、因果応報などの用語を分かりやすく解説しています。釈迦の生涯、ブッダの名言、因果応報の意味など、専門用語も簡単に学べるサイトです。〜釈迦,ブッダ,因果応報,用語〜

殺生 にも三通りある

仏教の深い教えを 初心者 にも分かりやすく解説しています。

殺生 について 仏教 に学ぶ

≪生きるということは殺生すること・・≫

仏教では生き物を殺すことを殺生罪といいます。

その殺生にも三通ります。

○自殺(じさつ)

○他殺(たさつ)

○随喜同業(ずいきどうごう)

この三つです。

≪自殺とは?≫

最初の自殺とは

これは今日では自分で自分の命を絶つという意味でつかわれますが
仏教ではそういう意味ではありません。

仏教でいう自殺とは

「自ら手にかけて殺すこと」を言います。

漁師さんは魚を殺し

牛や鳥や豚の食肉加工場で働く人は、牛や鳥や豚を殺します。

害虫駆除の仕事をされている人は、ネズミや害虫といわれる虫を

殺します。

また、戦争となると兵士は戦場で敵兵を殺します。

このように、自ら手にかけて殺すことを「自殺」といいます。

私たちは

生きるために仕方ないと言いながらも

やはり、直接、自分の手で命を奪うことは恐ろしいのか
多くの人は、直接生き物を殺す仕事や立場につきたがらないのではないでしょうか?

事実、一昔前までは、生き物を殺す仕事は けがれ仕事として
その仕事に就いている人たちは差別を受けてきましたし、
今でも日本の保守的な地域では、差別問題に苦しむ人もあります。

ですが
仏教では

直接、生き物を殺すだけが殺生罪ではないのだよ
と言われているのです。

このサイトは過去のメルマガの記事をまとめたものです。ここでは書ききれない内容をメルマガで発信しています。

仏教がわかる 無料プレゼント差し上げます
ネガティブ思考を一瞬で解除するブッダの教えを無料公開

 

ブッダの教えた運命の法則 因果の道理を分かりやすく実践的に解説した78Pに及ぶ
レポートを無料でプレゼントします。自著では書ききれなかったブッダの教えを詳しく解説しています。メールアドレスを登録すると、レポートのダウンロードURLが届きます。今すぐ登録してブッダの智恵を受け取ってください。



プレゼント申し込みフォーム





メールアドレス

Copyright (C)仏教の教え|釈迦・ブッダ・因果応報・用語はこちら since 2009privacypolicy

全ページリンクフリーです。