釈迦・ブッダ、因果応報などの用語を分かりやすく解説しています。釈迦の生涯、ブッダの名言、因果応報の意味など、専門用語も簡単に学べるサイトです。〜釈迦,ブッダ,因果応報,用語〜

病苦(病の苦しみ)健康は無形の財産

仏教の深い教えを 初心者 にも分かりやすく解説しています。

仏教の教え を学ぼう!はじめての 仏教>病苦(病の苦しみ)健康は無形の財産
病苦(病の苦しみ)健康は無形の財産

病苦 病の苦しみ 健康は無形の財産

前回までは老苦についてお話ししていました。
その次にお釈迦様があげられている苦しみは

病苦です。

大きな病にかかったことがある人なら
聞かなくても分かることですが

これまで健康な人には病気の苦しみといわれてもピンときません。
健康が、まるで当たり前のように思っているからです。

病気の苦しさというのは。

 「病」 という漢字にもそれが教えられています。

病 という字は

ヤマイダレに 丙 と書きます。

丙と言うのは、甲乙丙 の丙ですね。

物事に優劣をつけるのを、甲乙をつけると昔は言いました。

これは甲乙(優劣)つけがたいので

丙 ということだそうです。

病気になると自分の病気が一番苦しいとしか思えません。

高熱で苦しんでいる時は、高熱ほど苦しいものはない

腹痛で苦しんでいる時は腹痛ほど苦しいものはない

腰痛、歯痛、頭痛、今自分が苦しんでいる病が一番苦しいと

思います。

だから、オレのかかっている病気の方が、お前のよりも楽だ
と言うことはありませんから、

甲乙つけがたいので 丙 の字を使われていると聞いたことが
あります。

それだけ苦しいということです。

最近は、健康ブームです。

健康食品、食の安全などがよく問題にされています。

それだけ、長生きしたいし、病気で苦しみたくない

と思うからでしょう。

だけど、これも、老苦といっしょで、必ず、病にかかって

苦しまねばならないことは避けようのないことです。

お金などの形ある財産は、減ると分かりますが

健康などの目に見えない財産は、その有難さに気がつかず

浪費してしまいます。

病の苦しみから逃れられない ということは、一見、ネガティブな

感じもするでしょうが、今、元気でいることの有難さを知らされる

教えでもあります。

「オレが病気になるもんか」と自分の健康を過信して、

暴飲、暴食、不摂生を自慢している愚かさを反省せずにおれません。

仏教がわかる 無料プレゼント差し上げます
ネガティブ思考を一瞬で解除するブッダの教えを無料公開

 

ブッダの教えた運命の法則 因果の道理を分かりやすく実践的に解説した78Pに及ぶ
レポートを無料でプレゼントします。自著では書ききれなかったブッダの教えを詳しく解説しています。メールアドレスを登録すると、レポートのダウンロードURLが届きます。今すぐ登録してブッダの智恵を受け取ってください。



プレゼント申し込みフォーム





メールアドレス

Copyright (C)仏教の教え|釈迦・ブッダ・因果応報・用語はこちら since 2009privacypolicy

全ページリンクフリーです。