究竟憐愍の恩(くきょうれんみんのおん)

深い仏教の教えをから親の大恩についてわかりやすく解説しています

究竟憐愍の恩(くきょうれんみんのおん)
(10) 究竟憐愍(くきょうれんみん)の恩

最後は、「究竟憐愍の恩」。

これはどんな状況になっても

親は子供のことを思い憐れむご恩です。

親は七十、八十の老境に入っても子供をあわれみ、慈しむ。

その情は終生絶える間もなく、あたかも影の形に添うがごとく、親の心は子供から離れることはないのです。

「己生ある間は、子の身に代らんことを念い、己死に去りて後には、子の身を護らんことを願う」

 と『父母恩重経』にはあります。

姥捨て山伝説の中に

自分をかついで山に捨てに行く子供が帰り道迷わないかを

案じて木の枝を折って目印をつけるという場面があります。

どんな状況でも自分よりも子供

という親心が描かれています。

仏教がわかる 無料プレゼント差し上げます
ネガティブ思考を一瞬で解除するブッダの教えを無料公開

 

ブッダの教えた運命の法則 因果の道理を分かりやすく実践的に解説した78Pに及ぶ
レポートを無料でプレゼントします。自著では書ききれなかったブッダの教えを詳しく解説しています。メールアドレスを登録すると、レポートのダウンロードURLが届きます。今すぐ登録してブッダの智恵を受け取ってください。



プレゼント申し込みフォーム





メールアドレス

Copyright (C)仏教の教え を学ぼう!はじめての 仏教 since 2009

全ページリンクフリーです。