臨生受苦の恩(しょうしぼうゆうのおん)

深い仏教の教えをから親の大恩についてわかりやすく解説しています

臨生受苦の恩(りんしょうじゅくのおん)

(2) 臨生受苦の恩

これは出産のときの激しい痛みを我慢して生んで下さった

ご恩です。

いよいよ月満ちて陣痛が起こり、子供を産む時の苦しみは、青竹を握ると、それを二つに
押し割るほど激しいといわれます。

出産の苦しみを陣痛といいます。

陣は戦場のこと

男性にとって命をかける場所は戦場でしたが

女性の取って命をかけるところが出産なので陣痛というのでしょう。

ある学校では、鼻の穴からスイカが出てくるほど苦しいと言っている

と聞いたことがあります。

『父母恩重経』には、

「月満ち時到れば、業風催促して、偏身疼痛し、骨節解体して、神心悩乱し、忽然として
身を亡ぼす」 (父母恩重経)

とあります。

釈尊のお母さま・マーヤー夫人は、出産後七日目に亡くなられました。釈尊のお母さまへの想いはどのようなものだったのでしょうか。

この臨生受苦の恩もどんな人でもどんな親であっても必ず受けてきたご恩であることには

間違いがありません。

仏教がわかる 無料プレゼント差し上げます
ネガティブ思考を一瞬で解除するブッダの教えを無料公開

 

ブッダの教えた運命の法則 因果の道理を分かりやすく実践的に解説した78Pに及ぶ
レポートを無料でプレゼントします。自著では書ききれなかったブッダの教えを詳しく解説しています。メールアドレスを登録すると、レポートのダウンロードURLが届きます。今すぐ登録してブッダの智恵を受け取ってください。



プレゼント申し込みフォーム





メールアドレス

Copyright (C)仏教の教え を学ぼう!はじめての 仏教 since 2009

全ページリンクフリーです。