嚥苦吐甘の恩(えんくとかんのおん)

深い仏教の教えをから親の大恩についてわかりやすく解説しています

嚥苦吐甘の恩(えんくとかんのおん)

(7) 嚥苦吐甘(えんくとかん)の恩

「嚥苦吐甘の恩」を『父母恩重経』には、

「食味を口に含みて、これを子に哺わしむるにあたりては、
苦き物は自ら嚥み、甘き物は吐きて与う」

と言われます。

自分は食べなくとも、子を飢えさせる親はない。おいしいものはみな子供に与え、
自分はまずいもの、残り物を片付ける母の姿を思い出します。

子供の成長を願う母親が、魚の身ばかりほぐし子供に与え、自らは骨をしゃぶって食事するのを見て、何も知らない子供は尋ねます。

「お母ちゃんはお魚の骨が好きなの?」

「父母外に出でて他の座席に往き、美味珍味を得ることあらば、
自らこれを食べるに忍びず、懐に収めて持ち帰り、呼び来りて子に与う」

外出先でおいしそうな菓子や果物が出されると、自らはそれを食べず、
懐に収めて持ち帰り、子供に分け与える。

子供が食べる姿を見て満足する。

「己が好美の衣服は皆子に与えて着せしめ、己はすなわち古き衣、破れたる服を繕う」

と、継ぎの当たった着物を子供に着せることはないのに、洗濯物の中に
やぶれた父のシャツや色あせたジャンパーやズボンがある。
古着を母が着ていることがある。

自らはまずいもの、古いものを甘受し、子供にはおいしいもの、新しいきれいなものと、
子の喜びをわが喜びとする

仏教がわかる 無料プレゼント差し上げます
ネガティブ思考を一瞬で解除するブッダの教えを無料公開

 

ブッダの教えた運命の法則 因果の道理を分かりやすく実践的に解説した78Pに及ぶ
レポートを無料でプレゼントします。自著では書ききれなかったブッダの教えを詳しく解説しています。メールアドレスを登録すると、レポートのダウンロードURLが届きます。今すぐ登録してブッダの智恵を受け取ってください。



プレゼント申し込みフォーム





メールアドレス

Copyright (C)仏教の教え を学ぼう!はじめての 仏教 since 2009

全ページリンクフリーです。