乳哺養育の恩(にゅうほよういくのおん)

深い仏教の教えをから親の大恩についてわかりやすく解説しています

乳哺養育の恩(にゅうほよういくのおん)

(4) 乳哺養育の恩

これは赤ん坊にお乳を飲ませ養うご恩です。

生まれたばかりの赤ちゃんは三時間ごとに

母親のお乳をねだり、泣き出すそうです。

朝9時 12時 15時 18時 21時 24時 3時 6時・・・

まともに寝る時間がありません。

 

乳を飲ませ、子供を育てることは、何でもないようですが、並大抵のことではありません。特に母乳が足りない時は大変です。

牛乳では、生まれたばかりの子には強すぎてお腹をこわしてしまいます。人工ミルクにしても、成長するにつれて乳の濃度を調節するのは、なかなか難しいものです。

ところが母乳は、最初は薄く、子供の成長に適合して、しだいに濃くなってゆくそうです。自然の法則の妙でしょう。温かい母の胸で、命の糧を頂いたことは、大人になっても母への想いを熱く募らせるものです。

めんどくさいといってやめてしまったら

赤ん坊は生き延びることはできないでしょう。

元気で大きくなれたという影には乳哺養育の恩があるのです。

仏教がわかる 無料プレゼント差し上げます
ネガティブ思考を一瞬で解除するブッダの教えを無料公開

 

ブッダの教えた運命の法則 因果の道理を分かりやすく実践的に解説した78Pに及ぶ
レポートを無料でプレゼントします。自著では書ききれなかったブッダの教えを詳しく解説しています。メールアドレスを登録すると、レポートのダウンロードURLが届きます。今すぐ登録してブッダの智恵を受け取ってください。



プレゼント申し込みフォーム





メールアドレス

Copyright (C)仏教の教え を学ぼう!はじめての 仏教 since 2009

全ページリンクフリーです。