遠行憶念の恩(おんぎょうおくねんのおん)

深い仏教の教えをから親の大恩についてわかりやすく解説しています

遠行憶念の恩(おんぎょうおくねんのおん)
(9) 遠行憶念(おんぎょうおくねん)の恩

子供が遠くへ行けば行くほど、親の心配は募ります。衣・食・住のことから、友だちの心配、学業のこと、

仕事のこと、健康のこと、そして経済状態。とにかく身の回りのことすべてが気になります。

「若し子遠く行けば、帰りて其の面を見るまで、出でても入りてもこれを憶い、寝ても覚めても之れを憂う」  

身にしみわたるお言葉です。

親という字は 木 の上に 立 って 見 る

と書きます。

離れていくこともをどこどこまでも見守る親心ですね。

さだまさしさんの 案山子に そういう親心が歌われています。 

仏教がわかる 無料プレゼント差し上げます
ネガティブ思考を一瞬で解除するブッダの教えを無料公開

 

ブッダの教えた運命の法則 因果の道理を分かりやすく実践的に解説した78Pに及ぶ
レポートを無料でプレゼントします。自著では書ききれなかったブッダの教えを詳しく解説しています。メールアドレスを登録すると、レポートのダウンロードURLが届きます。今すぐ登録してブッダの智恵を受け取ってください。



プレゼント申し込みフォーム





メールアドレス

Copyright (C)仏教の教え を学ぼう!はじめての 仏教 since 2009

全ページリンクフリーです。