一瞬一瞬、命の藤蔓は削られている

昼間に死ぬのか?夜中に死ぬのか?

仏説比喩経のたとえ細い藤蔓について解説をしていました。
旅人が必死にしがみついている寿命の藤蔓を休みなくかじり続ける白黒のネズミとは昼夜を例えています。
白いネズミは、昼
黒いネズミは、夜
を表しています。
わたしたちが一日生きたということは一日、死に近づいたということです。一分時間が経過したということは、それだけ、寿命が削られたということです。
昼間は、白いネズミが休むことなく、寿命の藤蔓を削っています。夜中は、黒いネズミが休むことなく、寿命の藤蔓を削っています。
白いネズミに噛み切られたというのは昼間、命を失ったということ、黒いネズミに噛み切られたというのは、夜にネズミに噛み切られたということです。
白黒のネズミのどちらかに必ず、命の藤蔓を噛み切られることがあるのです。

 

メール講座のご案内

難しいお経の内容を噛み砕いて日本一わかりやすくブッダの教えをメールでお送りします。

メールですので、都合のいい時間にどんな場所でも少しづつ学ぶことができます。

さらに今ならレポートと無料音声ファイルを配布中ですのでお受け取りください。

音声ファイルは毎月先着100名様に限り配布となっております。(メール講座はいつでも停止できます。)

メール講座の内容はこちらで紹介しております。

登録は
こちらから

 

ブッダの教える幸せへの
思考法無料プレゼント

関連記事

  1. 地獄はどこにある

  2. 三通りの殺生罪について

  3. 釈迦はなぜ村娘スジャータに乳がゆを求めたのか

  4. 死を前にして何が明かりになるか

  5. 心はすべての行動のもとである

  6. なぜ欲の心を悪と言われるのか、それは本質が我利我利だから