般若心経の和訳・現代語訳

この記事では、般若心経全文の和訳・現代語訳を紹介します。

般若心経の詳しい意味は、下記をご覧ください。

般若心経とは?全文の意味をどの本よりもわかりやすく解説!

まず般若心経の書き下し文はこちらです。

般若心経の書き下し文

観自在菩薩が、深く般若波羅蜜多を行じたまいしとき、
五蘊は皆空なりと照見し、一切の苦厄を度したもう。
舎利子
色は空に異ならず、空は色に異ならず。色は即ちこれ空なり、空は即ちこれ色なり。
受想行識もまたかくの如し。
舎利子
この諸法は空相にして、生じず滅せず、垢つかず浄からず、増えず減らず。
この故に空中には、色なく、受想行識なく、
眼耳鼻舌身意なく、色声香味触法なく、
眼界なく、ないし意識界もなく、無明なく、また無明が尽きることもなく、
ないし老死もなく、また老死が尽きることもなく、苦集滅道もなし。
智なく、また得もない。得るところなきを以ての故に
菩提薩埵は、般若波羅蜜多によるが故に
心に圭礙なく、圭礙なきが故に、恐怖の有ることもなし。
一切の顛倒夢想を遠離して、涅槃を究竟す。
三世諸仏は、般若波羅蜜多に依るが故に、
阿耨多羅三藐三菩提を得たもう。
故に知るべし。般若波羅蜜多は、
これ大神呪なり。これ大明呪なり。これ無上呪なり。これ無等等呪なり。
一切の苦を能く除き、真実にして虚ならず。
故に般若波羅蜜多の呪を説かん。即ち呪を説きて曰く、
羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦
菩提薩婆訶 般若心経

この意味を和訳します。

般若心経の和訳・現代語訳

観自在菩薩が、仏の智慧を完成される修行を真剣に行われていたときに、

人間の存在はすべて「因縁によって生じている」と明らかに真理をしらされて

すべての苦しみから救ってくださいます。

「舎利子よ、色は空に異ならず、空は色と異なりません。

この世界の形あるものはすべて因縁によって生み出されたものであり

全てが因縁で生じているから、すべてのものは存在するのです。

受蘊・想蘊・行蘊・識蘊も同じように因縁によって生まれるのです。

舎利子よ、このようにすべの物事は因縁によって生じるのが真実であり、

生まれもしなければ減りもしない、汚いということでもきれいということでもない

増えるということもなく、減るということもありません。

このような理由で、因縁で生じる世界には、物事の実体(色蘊)というものはなく、

感じたり、想像したり、行事たり、認識するということは無いのです。

目で世界をみたり、音が聞こえたり、香りを楽しんだり、食べ物を味わったり、身体で動いたり、認識や意識を働かせる』といったことも無いのです。

形あるもの、声や音、匂いや香り、美味しいまずいなどの味、冷たいざらざらするなどの触感、心の動きといったものも無いのです。

眼で見て楽しんだり悲しんだりすることから、心で思い浮かべたり、知覚することまで六識は無いのです。

迷いというものは無く、同様に、苦しみ迷いが尽きるということもありません。

老いや死もありません。老いなくなったり死ななくなったりすることもありません。

苦しみや、苦しみの原因、悟りの世界や悟りをひらくまでの道程という真理もありません。

智慧もなく、同様に、何かを得るということもありません。なぜなら何かを得たということがないからです。

菩薩は仏の悟りを目指すことによって、心をおおうものはありません。なぜなら心が何にもおおわれていないのだからです。

恐怖は一切無く、すべての逆立ちした迷妄を捨て去って、最高無常の仏の悟りの世界へ入るのです。

過去・現在・未来のすべての仏様は、仏の智慧を完成される修行をされたことで、

仏覚という最高無上の悟りをひらいたのです。

だから知らなければなりません。「般若波羅蜜多」は

大いなる想像もできない真言であり、無明煩悩を晴らす真言である。

最高無上の真言であり、大宇宙に全く比較するものがない真言である。

一切の苦しみが無くなり、偽りなく真実なのだから、「智慧の完成」について説法するのです。

ここで仏の真の言葉を説いておこう。

「往け、往け、彼岸へ到達しよう。僧侶たちも、彼岸に到達して、仏の悟りをひらこう。」

これが般若心経である。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

メール講座のご案内

難しいお経の内容を噛み砕いて日本一わかりやすくブッダの教えをメールでお送りします。

メールですので、都合のいい時間にどんな場所でも少しづつ学ぶことができます。

さらに今ならレポートと無料音声ファイルを配布中ですのでお受け取りください。

音声ファイルは毎月先着100名様に限り配布となっております。(メール講座はいつでも停止できます。)

メール講座の内容はこちらで紹介しております。

登録は
こちらから



執筆者:岡本一志
一般社団法人全国仏教カウンセリング協会代表 仏教の教えにもとづいたアドバイスをしている 著作に「心がほっとする仏さまの50の話」三笠書房 「心がすっと晴れる仏さまの伝えたかったこと」 など計5冊、累計35万部突破のベストセラー
 

ブッダの教える幸せへの
思考法無料プレゼント

関連記事

  1. 観音経 全文の意味・読み方やご利益・功徳は?延命十句観音経も紹介

  2. 般若心経 全文の読み方

  3. 般若心経の効果は?唱えると不思議な力や奇跡が起きるのか

  4. 仏典はどのようにして編纂されたのでしょうか

  5. 般若心経とは?全文の意味をどの本よりもわかりやすく解説!(読み方・現代語訳付き)

  6. いつでもどこでも変わらない三世十方を貫く教え