お経とは一体何が書かれているのでしょうか

お経とはどんなものでしょうか?

お経というと、「漢字ばかりで書かれていて何が何だかさっぱりわからない」という人も多いと思いますが、お経とは、お釈迦さまのご説法を書き残されたものです。

約2600年前インドに現れたお釈迦さまが、35歳で仏のさとりを開かれてから80歳でお亡くなりになるまでの45年間に説かれた教えが、仏教です。

そのすべてを、お経に書き残されているのです。

お経には、有名な般若心経や法華経(ほけきょう)のほかに、阿弥陀経(あみだきょう)、観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)、大無量寿経(だいむりょうじゅきょう)などいろいろあります。

その数、なんと、全7000冊以上!

この膨大な数の経典を、七千余巻(ななせんよかん)といいます。
お釈迦さまの教えの一切が書き残されているので、一切経(いっさいきょう)ともいわれます。

仏典結集(ぶってんけつじゅう)

では、お釈迦さまのご説法はどのようにして書き残されたのでしょうか?

お釈迦さまがお亡くなりになった後、高いさとりを開いた500人のお弟子たちが集まりました。

このお弟子たちを、五百羅漢(ごひゃくらかん)といいます。
羅漢とは高い悟りを開いた仏弟子のことです。

まずその中の代表の1人が、お釈迦さまのご説法を「このように私は聞きました」と語ります。

その内容に一言一句、間違いないか、500人で徹底討議します。

そして、全員一致したときだけ、書記が記録していったと伝えられています。

こうしてお釈迦さまのご説法は仏典として残されました。
これを仏典結集(ぶってんけつじゅう)といわれます。

こんにち、お経といえば、葬式法事で亡くなった人のために読むものだと思われていますが、大きな誤解です。

じつはお釈迦さまご自身が、経典を死者に向かって読んでも意味がないことを、弟子に諭しています。
そのことについては関連記事をお読みください。

 

ブッダの教える幸せへの
思考法無料プレゼント

関連記事

  1. 後生の一大事

  2. 自分の考えは正しいと思う心

  3. 本来の自業自得の意味とは?

  4. よこしまな男女関係を邪淫という

  5. 分かったつもりが恐ろしい

  6. 仏やブッダとはどんな人を言うのでしょうか