仏やブッダとはどんな人を言うのでしょうか

仏=死んだ人という誤解

仏教と言うのは、仏の説かれた教えということですが、そもそも、仏とはどんな人なのかということについて正しく知っているでしょうか?

「仏の身元をあらえ」とか「これでは、仏も浮かばれませんね」といわれるように亡くなった人のことを仏とか、仏様と言われますが、これは大きな誤解です。
実は、仏という言葉には亡くなった人という意味は全くありません。

では、「仏」とはどんな方を言うのでしょうか?
【仏とは最高のさとりを開かれた方を言います】仏のことを、ブッダとも言います。ブッダとは目覚めた人という意味です。
つまり、究極の悟りをひらき、大宇宙の真理に目覚めた人を仏とか、仏様とかブッダと言うのです。決して、死んだ人という意味ではありません。

では、悟りとは如何なるものなのでしょうか。悟りについては、関連記事に詳しく説明しています。

 

メール講座のご案内

難しいお経の内容を噛み砕いて日本一わかりやすくブッダの教えをメールでお送りします。

メールですので、都合のいい時間にどんな場所でも少しづつ学ぶことができます。

さらに今ならレポートと無料音声ファイルを配布中ですのでお受け取りください。

音声ファイルは毎月先着100名様に限り配布となっております。(メール講座はいつでも停止できます。)

メール講座の内容はこちらで紹介しております。

登録は
こちらから

 

ブッダの教える幸せへの
思考法無料プレゼント

関連記事

  1. 仏とは見聞知のお方

  2. お経とは一体何が書かれているのでしょうか

  3. 無財の七施・心がけ一つで誰かを幸せにできる

  4. あつく三宝を敬え 三宝とは仏法僧なり

  5. 仏教を説かれた釈迦の幼年時代について

  6. どんな行いが苦しみを生み出すのか?十悪の教え