死んでも今の苦しみから解放されない

男に捨てられ、自殺しようとした娘を止められたブッダの説法

死ねば、一体どうなるのでしょうか?
この世があまりにも苦しいと、死にさえすれば、楽になれる。今の苦しみから逃れることができると、死後に根拠のない淡い期待を抱く人もあるかもしれません。
ブッダは、男に捨てられ、悲しみのあまり、河に身を投げようとしていた娘に次のように説かれました。

お釈迦様が托鉢中、大きな橋の上であたりをはばかりながら、袂に石を入れている娘をご覧になった。
自殺の準備に違いないと気が付かれた釈尊は、すぐさま近寄られ、その事情を尋ねられた。
「ある人と恋仲になりましたが、捨てられてしまいました。お腹の子の将来を考えると死んだ方がどなにましかと思います。」と娘は事情を打ち明け、泣き崩れた。
その時、お釈迦様はこのように説かれました。愚かなそなたには、たとえを持って教えよう。
あるところに、大きな荷車を朝から晩まで引かねばならない牛がいた。その牛はつくづく思った。この荷車さえなければ、苦しまなくても済む。そうだ、この車を壊そう。
牛は、猛然と走りだし、岩に車を打ち付けて、壊してしまった。ところが、飼い主は、今度はもっと頑丈な鋼鉄の車を用意して牛にひかせ、以前の何千倍と苦しみようになった。
どうだ、荷車を壊した牛は、愚かだと思わないか?」
お釈迦様の尋ねに、娘は、こくりとうなづいた。
ブッダは、「ちょうど、この牛が荷車さえ壊せば、楽になれると思っているように、お前は、その肉体さえ壊せば、苦しまなくてもよいと思っているのだろう。

お前にはわからないだろうが、死ねば、もっと大変な世界に飛び込まねばならないのだよ。」
と説かれたといわれます。今の苦しみは、肉体を壊したことで逃れられるものではない、自分の業が生み出すものだから、来世も続いていくことを説かれました。
娘は、自分のしようとしていたことがいかに愚かであるかを知り、仏法に帰依したといわれます。

 

ブッダの教える幸せへの
思考法無料プレゼント

関連記事

  1. どんな行いが苦しみを生み出すのか?十悪の教え

  2. 仏典はどのようにして編纂されたのでしょうか

  3. 自分にしかない原因(業)を見つめよう

  4. 人間はしてあげたことをずっと覚えている

  5. 六度万行・六波羅蜜とはどんな教えか

  6. 根本の心・阿頼耶識とはどんな心か?