仏とは見聞知のお方

心を含めたあらゆる行いを映す鏡を直視できますか?

仏とは、見聞知(けんもんち)のお方であるとも言われています。
見(けん)とは、あなたの体の行い、すべてを見ているぞということです。
聞(もん)とは、あなたの口の行い、すべてを聞いているぞということです。
知(ち)とは、あなたの心の行いすべてを知っているぞ。
といういことです。
体や心や口で言ったりやったり、思ったことすべてを映し出す鏡があったとしたら、どんな姿が映るでしょうか。もし、あなたの一週間の言動と、心の中で思ったことを録画したビデオテープがあったとしたら、それを直視できるでしょうか。他人に見せることができるでしょうか。見聞知の仏の眼にはどんな私が映っていることでしょう。それが、法鏡に映った己の姿なのです。お釈迦様は、真実の人間の姿を、一つのたとえで教えられています。そのたとえについてお話ししたいと思います。

 

メール講座のご案内

難しいお経の内容を噛み砕いて日本一わかりやすくブッダの教えをメールでお送りします。

メールですので、都合のいい時間にどんな場所でも少しづつ学ぶことができます。

さらに今ならレポートと無料音声ファイルを配布中ですのでお受け取りください。

音声ファイルは毎月先着100名様に限り配布となっております。(メール講座はいつでも停止できます。)

メール講座の内容はこちらで紹介しております。

登録は
こちらから

 

ブッダの教える幸せへの
思考法無料プレゼント

関連記事

  1. 七つの自惚れ

  2. ヤショダラ姫との結婚

  3. 自分を支えてくれている人を恩田といいます

  4. 自分のまいたタネは自分に現われる

  5. 死んでいく時はひとりぼっち

  6. どんな行いが苦しみを生み出すのか?十悪の教え