108種類の煩悩一覧

今回の記事では、煩悩の108種類の一覧を紹介します。

煩悩についてはこちらの記事をご覧ください。

煩悩とは?意味や種類、捨て方・断つ方法をわかりやすく解説!三毒・六代煩悩についても

煩悩 108種類一覧

煩悩は、心の組み合わせによって108種類にわけられます。

煩悩108種類の組み合わせは、 インドの高僧、天親菩薩の書かれた『倶舎論』による説で説明します。

煩悩108種類の一覧と、それぞれの意味を解説しますね。

九十八随眠

 

見惑 欲界 苦諦 1
2
3
4
5
悪見 有身見 6
辺執見 7
邪見 8
見取見 9
戒禁取見 10
集諦 11
12
13
14
15
悪見 邪見 16
見取見 17
滅諦 18
19
20
21
22
悪見 邪見 23
見取見 24
道諦 25
26
27
28
29
悪見 邪見 30
見取見 31
戒禁取見 32
色界 苦諦 33
34
35
36
悪見 有身見 37
辺執見 38
邪見 39
見取見 40
戒禁取見 41
集諦 42
43
44
45
悪見 邪見 46
見取見 47
滅諦 48
49
50
51
悪見 邪見 52
見取見 53
道諦 54
55
56
57
悪見 邪見 58
見取見 59
戒禁取見 60
無色界 苦諦 61
62
63
64
悪見 有身見 65
辺執見 66
邪見 67
見取見 68
戒禁取見 69
集諦 70
71
72
73
悪見 邪見 74
見取見 75
滅諦 76
77
78
79
悪見 邪見 80
見取見 81
道諦 82
83
84
85
悪見 邪見 86
見取見 87
戒禁取見 88
修惑 欲界 89
90
91
92
色界 93
94
95
無色界 96
97
98

十纏

十纏 無漸 99
無愧 100
101
102
悪作 103
睡眠 104
掉挙 105
惘沈 106
忿 107
108

 

煩悩の意味

 名称   意味
 1 苦締貪(くたいとん) 執着する心
 2 苦締瞋(くたいしん) 許せない怒り
 3 苦締癡(くたいち) 道理が分からず愚痴を言う
 4 苦締慢(くたいまん) おごり、高ぶり
 5 苦締疑(くたいぎ) 正しい事を疑う
 6 苦締有身見(くたいうけんしん) 身体への執着
 7 苦締辺執見(くたいへんじっけん) 極端な思考
 8 苦締邪見(くたいじゃけん) 因果応報を知らない
 9 苦締見取見(くたいけんしゅけん) 間違いを正しいと思い込む
 10 苦締戒禁取見(くたいかいごんしゅけん) 誤った考えを信じる
 11 集締貪(じったいとん) 欲望
 12 集締瞋(じったいしん) 憎しみ
 13 集締癡(じったいち) 悪行を行う
 14 集締慢(じったいまん) 他人に誇りたがる
 15 集締疑(じったいぎ) 真実を疑う
 16 集締邪見(じったいじゃけん ) 果報は無いと思う
 17 集締見取見(じったいけんしゅけん) 自分が最も優れていると思う
 18 滅締貪(めったいとん) 激しい欲求
 19 滅締瞋(めったいしん) いら立ち
 20 滅締癡(めったいち) 無知による愚行
 21 滅締慢(めったいまん) 傲慢
 22 滅締疑(めったいぎ) 正しいことを信じられない
 23 滅締邪見(めったいじゃけん) 因果関係を認めない
 24 滅締見取見(めったいけんしゅけん) 誤った見解を信じ込む
 25 道締貪 (どうたいとん) 何かを求める心
 26 道締瞋(どうたいしん) 怒りで心が不安定になる
 27 道締癡(どうたいち) 愚かな行為
 28 道締慢(どうたいまん) 自慢したがる
 29 道締疑(どうたいぎ ) 真実を信じれない
 30 道締邪見(どうたいじゃけん) 自分の行いに果報は無いとする心
 31 道締見取見(どうたいけんしゅけん) 間違った考えに執着する
 32 道締戒禁取見(どうたいかいごんしゅけん) 誤った事を信じ込む
 33 色界苦締貪(しきかいくたいとん) 魂からの欲望
 34 色界苦締癡(しきかいつたいち) 愚かな行為
 35 色界苦締慢(しきかいくたいまん) 自身の凄さを誇りたがる
 36 色界苦締疑(しきかいくたいぎ) 正しい教えを疑う
 37 色界苦締有身見(しきかいくたいうしんけん) 身体への執着
 38 色界苦締辺執見(しきかいくたいへんじっけん) 極端な考え方
 39 色界苦締邪見(しきかいくたいじゃけん) 因果応報は無いとする
 40 色界苦締見取見(しきかいくたいけんしゅけん) 自分だけが正しい
 41 色界苦締戒禁取見(しきかいくたいかいごんしゅけん) 誤ったことを正しい事と勘違いする
 42 色界集締貪(しきかいじったいとん) 必要以上に欲する
 43 色界集締癡(しきかいじったいち) 愚かな行い
 44 色界集締慢(しきかいじったいまん ) 他者に誇りたがる
 45 色界集締疑(しきかいじったいぎ) 正しい事を信じられない
 46 色界集締邪見(しきかいじったいじゃけん) 善悪の果報を認めない
 47 色界集締見取見(しきかいじったいけんしゅけん) 自分が正しく他が間違っている
 48 色界滅締貪(しきかいめったいとん) 欲が湧いてくる
 49 色界滅締癡(しきかいめったいち) 愚行
 50 色界滅締慢(しきかいめったいまん) 優越感
 51 色界滅締疑(しきかいめったいぎ) 何も信じない
 52 色界滅締邪見(しきかいめったいじゃけん) 因果応報を認めない
 53 色界滅締見取見(しきかいめったいけんしゅけん) 誤った教えに執着する
 54 色界道締貪(しきかいどうたいとん) 精神的な欲求
 55 色界道締癡(しきかいどうたいち) 悪い考え
 56 色界道締慢(しきかいどうたいまん) 他人に自慢したがる
 57 色界道締疑( しきかいどうたいぎ) 真実を疑う
 58 色界道締邪見(しきかいどうたいじゃけん) 善悪の果報は無いとする心
 59 色界道締見取見(しきかいどうたいけんしゅけん) 自分が正しく、他が間違っている
 60 色界道締戒禁取見(しきかいどうたいかいごんしゅけん) 間違った教えに執着する
 61 無色界苦締貪(むしきかいくたいとん) 精神的な欲望
 62 無色界苦締癡 (むしきかいくたいち) 怒りからの憎しみ
 63 無色界苦締慢 (むしきかいくたいまん) 自分が優れている事を知らしめたい
 64 無色界苦締疑(むしきかいくたいぎ) 正しい道を信じれない
 65 無色界苦締有身見 (むしきかいくたいうしんけん) 心身を思い通りにできる
 66 無色界苦締 辺執見(むしきかいくたいへんじっけん) バランスを欠いた思考
 67 無色界苦締 邪見(むしきかいくたいじゃけん) 因果応報は無いとする
 68 無色界苦締 見取見(むしきかいくたいけんしゅけん) 誤った見解を正しいと思い込む
 69 無色界苦締戒禁取見(むしきかいくたいかいごんしゅけん) 誤った見解に固執する
 70 無色界集締貪(むしきかいじったいとん) 魂からの激しい欲望
 71 無色界集締癡 (むしきかいじったいち) 愚かな行為
 72 無色界集締慢 (むしきかいじったいまん) 慢心
 73 無色界集締疑(むしきかいじったいぎ) 真理を疑う
 74 無色界集締邪見(むしきかいじったいじゃけん) 自分の行いが自分に帰ってくることを信じない
 75 無色界集締見取見(むしきかいじったいけんしゅけん) 自分が正しく、皆が間違っている
 76 無色界滅締貪(むしきかいめったいとん) 無意識に生まれるの欲求
 77 無色界滅締癡 (むしきかいめったいち) 真理に対する無知
 78 無色界滅締慢(むしきかいめったいまん) 己の凄さを誇りたがる
 79 無色界滅締疑(むしきかいめったいぎ) 正しい教えに疑問を持つ
 80 無色界滅締邪見(むしきかいめったいじゃけん) 罪・公徳による果報を信じない
 81 無色界滅締見取見(むしきかいめったいけんしゅけん) 間違いを正しいと信じ込む
 82 無色界道締貪(むしきかいどうたいとん) 欲求
 83 無色界道締癡(むしきかいどうたいち) 悪行
 84 無色界道締慢(むしきかいどうたいまん) 悪意
 85 無色界道締疑(むしきかいどうたいぎ) 疑心
 86 無色界道締邪見(むしきかいどうたいじゃけん) 果報が自分に帰ってくると知らない
 87 無色界道締戒見取見(むしきかいどうたいけんしゅけん) 間違いに執着する
88 無色界道締戒禁取見 (むしきかいだうたいかいごんしゅけん) 妄信
 89 修惑欲界貪(しゅわくよくかいとん) 生来持っている欲求
 90 修惑欲界瞋 (しゅわくよくかいしん) 生来持っている怒り
 91 修惑欲界癡 (しゅわくよくかいち) 生来持っている悪行
 92 修惑欲界慢(しゅわくよくかいまん) 生来持っている慢心
 93 修惑色界貪(しゅわくしきかいとん) 制御しがたい欲望
 94 修惑色界癡 (しゅわくしきかいち) 制御しがたい愚行
 95 修惑色界慢 (しゅわくしきかいまん) 制御しがたい慢心
 96 修惑無色界貪(しゅわくむしきかいとん) 抑えられない欲
 97 修惑無色界癡 (しゅわくむしきかいち) 抑えられない悪行
 98 修惑無色界慢 (しゅわくむしきかいまん) 抑えられない慢心
 99 十纏無慚(じってんむざん) 自分に対して恥じないこと
 100 十纏無愧(じってんむき) 他者に恥じないこと
 101 十纏嫉(じってんしつ) ねたみ・嫉妬
 102 十纏慳 (じってんけん) 物惜しみ
 103 十纏悔 (じってんけ) 後悔
 104 十纏眠 (じってんめん) 自由に身体が動かない
 105 十纏掉挙 (じってんじょうこ) 心が騒がしくて静まらない
 106 十纏惘沈(じってんこんじん) 心が滅入ってふさぎ込む
 107 十纏忿(じってんふん) 憤怒
 108 十纏覆 (じってんふく) 罪を隠そうとする


執筆者:岡本一志
一般社団法人全国仏教カウンセリング協会代表 仏教の教えにもとづいたアドバイスをしている 著作に「心がほっとする仏さまの50の話」三笠書房 「心がすっと晴れる仏さまの伝えたかったこと」 など計5冊、累計35万部突破のベストセラー
 

ブッダの教える幸せへの
思考法無料プレゼント

関連記事

  1. 人間はしてあげたことをずっと覚えている

  2. 怒りのメカニズム なぜ怒りが起きるのか

  3. 心に棲む青鬼・赤鬼・黒鬼の正体とは何か?

  4. 青龍・赤龍・黒龍

  5. 十悪・これまでのものをまとめました

  6. 黒鬼とは醜い愚痴の心をあらわしたもの