人生は孤独

みんなさびしい魂を抱えて生きています

前回は、人間の実相のたとえ話の中の人生は旅ということについてお話ししていました。
では、どんな季節を旅していたかというと、秋の夕暮れ時でありました。
秋の夕暮れ時とは、人生の寂しさ、孤独を例えています。孤地獄(こじごく)ということが、仏教に説かれますが人生もまた孤地獄です。
有名な、大無量寿経というお経に

人世間愛欲の中にありて独り生まれ独り死に独り去りて独り来る

という言葉があります。
「世間の人は皆、愛したい愛されたいと思っているが、独りでこの世に生まれてきて、独りで死んでいかねばならない人生とは実に一人ぼっちなんですよ」ということです。

【人生はタライよりタライに映る50年】一休は
人生はタライからタライにうつる50年
と歌いました。
はじめのタライとは、産湯で生まれたばかりの赤ちゃんの体を洗うタライです。次のタライとは棺桶のことです。生まれてきた時も素っ裸なら死んでいく時も丸裸です。生まれてきた時に何も持ち合わせていません。生きている間、学校で知識を詰め込み、お金を稼ぎ、家を建て、家庭を築き、いろいろのものを手に入れますが、死んでいく時はすべてを手放さなければなりません。まさに、独生独死独去独来であります。

【生きているときもまた孤独】
生まれてくるときも、独り死んでいく時も、独りと言われていますが、独りなのは 生まれ死ぬ時だけなのでしょうか?
そうではないのです。
生まれてから死んでいくまでの間も実は孤独なのです。
皆、分かり合えぬ魂を抱えて生きています。
だから、人生は寂しい秋の夕暮れ時となるのです。

 

メール講座のご案内

難しいお経の内容を噛み砕いて日本一わかりやすくブッダの教えをメールでお送りします。

メールですので、都合のいい時間にどんな場所でも少しづつ学ぶことができます。

さらに今ならレポートと無料音声ファイルを配布中ですのでお受け取りください。

音声ファイルは毎月先着100名様に限り配布となっております。(メール講座はいつでも停止できます。)

メール講座の内容はこちらで紹介しております。

登録は
こちらから

 

ブッダの教える幸せへの
思考法無料プレゼント

関連記事

  1. 無自覚な悪ほど恐ろしいものはない

  2. あつく三宝を敬え 三宝とは仏法僧なり

  3. 阿頼耶識とはどんな意味か?わかりやすく解説│根本の心

  4. 原因と結果の法則が仏教の基礎

  5. 一つだけ自分に合うものを一生懸命やればすべてがそろう

  6. 怒りのメカニズム なぜ怒りが起きるのか