仏教の悟りとはどんなことなのでしょうか

悟りとはどんなもの?

仏教で、よく「悟り」という言葉が使われますが、そもそも悟りとは一体どのようなものなのでしょうか?

仏教では、ひとくちに悟りといっても、低い悟りから高い悟りまで、全部で52の位があるといわれています。

これを、悟りの52位とか、悟りの52階、または菩薩の52階ともいいます。

ちょうど相撲取りといっても、下は序ノ口、幕下、十両から、上は小結、大関、横綱までいろいろあるようなものです。

その数ある悟りの中でも、52段目の最高の悟りを仏の悟りといいます。また、仏覚(ぶっかく)とも無上覚(むじょうかく)ともいいます。

悟るとどうなる?

山登りにたとえるならば、ふもとにいるときよりも1合目まで登ると周りの景色が広く見えてきます。3合目まで登るともっと周りがよく見渡せるようになります。

それよりも5合目、7合目と高く登るにつれて、どんどん視界がひらけて、より遠くまで、より多くのものが見えるようになりますね。

そして頂上まで登ると、周りの景色が360度、すべて見渡せるようになります。

たった1段、悟りの位が違っても、その境涯には人間と虫ケラほどの差があるといわれます。

この悟りの段階を下から上まで登って行き、52段目の、最高の仏の悟りに到達した方を、仏さまとかブッダといわれるのです。

では、悟りといっても、何を悟るのでしょうか。

これについては関連記事に解説しています。

 

メール講座のご案内

難しいお経の内容を噛み砕いて日本一わかりやすくブッダの教えをメールでお送りします。

メールですので、都合のいい時間にどんな場所でも少しづつ学ぶことができます。

さらに今ならレポートと無料音声ファイルを配布中ですのでお受け取りください。

音声ファイルは毎月先着100名様に限り配布となっております。(メール講座はいつでも停止できます。)

メール講座の内容はこちらで紹介しております。

登録は
こちらから

 

ブッダの教える幸せへの
思考法無料プレゼント

関連記事

  1. みなしばらくのご縁と思えば怒りも和らぐ

  2. 死を前にして何が明かりになるか

  3. これまでの行いが今を生み出している

  4. 自分自身を映す三つの鏡

  5. 心に棲む青鬼・赤鬼・黒鬼の正体とは何か?

  6. 菩薩とはどんな人たちのことなのですか