自分のまいたタネは自分に現われる

自分のまいたタネは自分が刈り取らねばならない

仏教で説かれる自因自果とは、自分のまいたタネは、自分が刈り取らなければならない、ということです。
ヤッホーというとヤッホーと返ってくるやまびこのように、自分のやった行いは、自分に全部返ってくるのですよとお釈迦さまは言われています。
まとめますと
幸福という運命は、善い行いが生み出したものであり、(善因善果)
不幸という運命は、悪い行いが引き起こしたものなのです。(悪因悪果)
自分の運命の全ては、自分のまいたタネが生み出したものですよ、(自因自果)
と仏教では教えられています。

壁に向かって優しい球をなげれば、優しい球が返ってきます。反対に、壁に向かって思いっきり強い球を投げつけると、勢いよく自分に跳ね返ってきます。自分に向かって飛んでくるボールの勢いは、自分が投げたボールの勢いが、巡り巡って返ってきただけなのです。
ですから、優しいボールが欲しければ、まず、自分から優しいボールを投げなければいけません。

では、私たちの行いがどのように私たちの運命を生み出しているのかその仕組みをもっと詳しく解説しています。

 

メール講座のご案内

難しいお経の内容を噛み砕いて日本一わかりやすくブッダの教えをメールでお送りします。

メールですので、都合のいい時間にどんな場所でも少しづつ学ぶことができます。

さらに今ならレポートと無料音声ファイルを配布中ですのでお受け取りください。

音声ファイルは毎月先着100名様に限り配布となっております。(メール講座はいつでも停止できます。)

メール講座の内容はこちらで紹介しております。

登録は
こちらから

 

ブッダの教える幸せへの
思考法無料プレゼント

関連記事

  1. 人間はしてあげたことをずっと覚えている

  2. 皆にて褒める人もなく皆にて謗る人もなし

  3. 意馬心猿(いばしんえん)に学ぶ┃ブッダの教えからみる心の仕組み

  4. それぞれの立場でそれぞれの見方がある

  5. 釈迦はなぜ村娘スジャータに乳がゆを求めたのか

  6. 死んでも今の苦しみから解放されない