それぞれの立場でそれぞれの見方がある

立場が違うと物事は全く違って見えるものです

一水四見という言葉が仏教にあります。一つの水を見ても、人間は水だと思い、餓鬼は炎と見ます。天人はルリ(宝石)と見ますし、魚は住みかと見るのです。同じものでも、立場や境遇の違いで全く違って見えることを教えています。
私たちは、一人ひとりのこれまでの行いや経験が生み出した世界に生きていますから、自分の思っていることが、思っているとおり、相手に伝わるということはありません。
同じ問題であっても、それぞれの都合や利害が絡んでくると、意見や考え方が違ってくるのは当然なことです。
ちょっと説明したぐらいで、自分の意見や考えを理解してくれる人がいれば、それは本当にありがたいことです。相手が分かってくれなくて、当然なのです。
意見が対立して、ぶつかった時、このことを心に置いておくと、相手を責めるより、どうしたら、相手に分かってもらえるだろうか、という現実的な努力になります。

 

ブッダの教える幸せへの
思考法無料プレゼント

関連記事

  1. これまでの行いが今を生み出している

  2. 布施は、施した物の大小ではなくその心がけが大事

  3. 水に書いた文字のようにさらさらと怒りを手放すには?

  4. 仏やブッダとはどんな人を言うのでしょうか

  5. 限りある命で限りない欲を満たそうとしている

  6. 原因と結果の法則が仏教の基礎