生死一如

生と死とは一つの如し

仏教では生死一如(しょうじいちにょ)と言われて生きるということと、死ぬということは、紙の表と裏のように切り離せない関係(一如)であると教えられています。
100%確実な未来である死の問題から目を背けることは、生きるということそのものから目を背けていることなのです。
目先の楽しみや目先のことに追い立てられている間に人生は終わってしまいます。命の限りがあることをよくよく見つめて、何のための人生なのかを深く考えていきましょう。

 

ブッダの教える幸せへの
思考法無料プレゼント

関連記事

  1. 故・高倉健さんの座右の銘「往く道は精進にして、忍びて終わり悔いなし」

  2. 死を前にして何が明かりになるか

  3. それぞれの立場でそれぞれの見方がある

  4. 娑婆とは、堪忍土とも訳され、苦しみ悩みの人生のこと

  5. 仏教を説かれた釈迦の生誕について

  6. 自利利他と我利我利亡者