無財の七施・心がけ一つで誰かを幸せにできる

思いやりの気持ちさえあれば誰にでも布施はできる

周りの人から好印象を持たれたい、「あの人は感じのいい人だな」と思われたい。これはみんなが思うことでしょう。
実は、仏教の教えにあるちょっとした心掛けを実践すれば、あなたの印象はガラリとよい方向に変わります。
それは、お釈迦さまの教えの中にある無財の七施(むざいのななせ)です。
この七施の中にある眼施(げんせ)と和顔悦色施(わげんえっしょくせ)を実践すると、印象がとてもよくなるのです。眼施とは、優しい温かいまなざしで周囲の人々に接することです。
「目は口よりも物を言う」「目は心の鏡」といわれるように、人間の目ぐらい、複雑な色合いを写し出すものはありません。
人間の目にたたえられた和やかな光は、人々をなぐさめたり、励ましたりする力があります。特に、落ち込んでいる人は、優しいまなざしで見つめられるだけで、とっても元気になるのです。
初対面の人に対して効果的なのは、気の利いた言葉よりも優しいまなざしを送ることです。会った最初に、相手から優しいまなざしを送られると、その人のことを悪い人だとは絶対に思わなくなるからです。
「話しやすそうな人だな」と好印象を持たれれば、自然と会話も弾みます。思いがけない素敵な出会いに発展するかもしれません。
口数が少なかったり、口下手な人でも、周りから「何となくいい人だな」「癒やしのムードメーカーだな」「あの人がいると場が和む」などと思われます。
眼施とは、優しい温かいまなざしで周囲の人々に接することです。
どうしたら優しいまなざしになれるのかと思う人もいるでしょう。そのコツは、自分の目線を相手の目に向けることなのです。まず、挨拶をする時は相手の目を見て挨拶をします。これだけで、印象の残り方が全く違います。そして、相手が何かを話し始めた時も、相手の目を見ます。

ずっと見続けると、相手が話しにくくなってしまうので、見つめて十秒ほどしたら、相手の口元や胸元に目線を移します。また、相手の目に視線を戻します。

そして時折、「うんうん」とうなずきます。
この一連の動作を続けると、「この人はなんて丁寧に自分の話を聞いてくれるのだろう」と相手は感動し、好印象を持ちます。

和顔悦色施は、優しいほほえみをたたえた笑顔で、人に接することです。
笑顔やほほえみをプレゼントするという意味ですね。
仏教だけでなく、医学的にも心理学的にも、笑顔が健康に与える好影響が実証されています。一日一笑 医者いらずという古い格言もあります。
笑顔は免疫効果を高めて病気になりにくくし、ストレス解消、軽い運動の効果もあると医学からもいわれます。さらに、ダイエットにもつながるそうです。
また、最初は作り笑いでも、笑っているうちに本当に気持ちも和らぎ、気分も上向きになってくると心理学ではいわれます。
笑顔でいると、周りへの印象は、とてもよいものになります。
あなたの魅力が二倍にも三倍にも増え、周りからも山彦のように笑顔が返ってきます。人間関係も、とてもスムーズになります。

「周りに合わせて笑顔を作ろう」なんて後ろ向きに考える必要はありません。自分のストレス解消、健康や美容へプラスになると考えれば、自然と笑顔を心掛けることができます。その結果として、自分も周りの人たちも癒やされて、元気になれるのです。

 

メール講座のご案内

難しいお経の内容を噛み砕いて日本一わかりやすくブッダの教えをメールでお送りします。

メールですので、都合のいい時間にどんな場所でも少しづつ学ぶことができます。

さらに今ならレポートと無料音声ファイルを配布中ですのでお受け取りください。

音声ファイルは毎月先着100名様に限り配布となっております。(メール講座はいつでも停止できます。)

メール講座の内容はこちらで紹介しております。

登録は
こちらから

 

ブッダの教える幸せへの
思考法無料プレゼント

関連記事

  1. あつく三宝を敬え 三宝とは仏法僧なり

  2. 身体で造る悪 殺生・偸盗・邪淫とは

  3. 正しい方向に向かっての努力でなければ目的地に到着しない

  4. 人間はしてあげたことをずっと覚えている

  5. 怒り(悪口)は受け取らなければ相手のもの丨智慧あるものに怒りなし

  6. 三通りの殺生罪について