本当に明日はあるのか?

明日があると盲目的に信じていませんか

人間の実相のたとえ話の続きです。旅人は、背後にせまった虎に食い殺される寸前、松の木の根元から、一本の細い藤蔓が垂れていることに気が付きます。間一髪、藤蔓につかまり虎の難から逃れることができました。
この藤蔓はこれは私たちの寿命をたとえいます。
私たちはいろんなものを頼りにして、あてにして生きています。お金を頼りにして生きている人もあります。地位や名誉を頼りにして生きてる人もあります。しかし、どんな人も、一番あて頼りにしているのは自分の命でしょう。
今日は、会社に行って、明日は買い物に行ってと計画を立てて生きていますが、「明日も生きておれる」と自分の命のあることが大前提になっています。
「明日がある」と固く信じていますが、お釈迦さまは、私たちの命は、いつ切れるかわからない、か細い藤蔓なのだよと説かれています。
お釈迦さまは、いたるところで、命の危うさを説かれていますが、この後の記事で紹介しましょう。

 

メール講座のご案内

難しいお経の内容を噛み砕いて日本一わかりやすくブッダの教えをメールでお送りします。

メールですので、都合のいい時間にどんな場所でも少しづつ学ぶことができます。

さらに今ならレポートと無料音声ファイルを配布中ですのでお受け取りください。

音声ファイルは毎月先着100名様に限り配布となっております。(メール講座はいつでも停止できます。)

メール講座の内容はこちらで紹介しております。

登録は
こちらから

 

ブッダの教える幸せへの
思考法無料プレゼント

関連記事

  1. 巨大な象よりも強い不滅の業力とはなにか?

  2. 釈迦はなぜ村娘スジャータに乳がゆを求めたのか

  3. 因果の道理とはまとめるとどういうことですか?

  4. 仏典はどのようにして編纂されたのでしょうか

  5. 六度万行・六波羅蜜とはどんな教えか

  6. 芥川のクモの糸に見る人間の心の姿とは