暇つぶし、英語でいうとKILL TIME

光陰矢の如し、人生を悔いなく生きるとは!?

人生はあっという間です。月日はまるで、弓矢が飛んでいくように過ぎ去っていきます。
時間の流れは、年を重ねるたびに、ますます速くなっていきます。フランスの心理学者・ジャネーは、年齢とともに、時の流れが速く感じられるようになる現象を説明しました。
ジャネーの法則によると、生まれてから二十歳までと、二十歳から八十歳までとでは、二十歳までのほうが長く感じられるそうです。二十歳まであっという間だったとすれば、もっと速い、すごい勢いで、二十歳から八十歳までの六十年が過ぎ去ってしまうということです。
確かに、小学生の時は、学校が終わるまで、とても長く感じたものですが、中学、高校になると、一日があっという間に終わり、気がついたら翌日の朝を迎えています。
社会に出ると、仕事に追われ、家事や育児に追われて、一週間があっという間に過ぎていきます。
二十歳というと、まだ先が長いと思うかもしれませんが、もう、折り返し地点をとっくに過ぎているのかもしれません。一人ひとりに残されている時間というのは、自分が思っている以上にずっと少ないものなのです。

暇つぶし、英語でいうとKILL TIME

「暇つぶし」を、英語で「kill time」といいます。kill=殺す、time=時間、ですから、「暇つぶし」というのは、自分の時間を殺すということなのです。生まれてから死ぬまでの時間が、その人の一生です。その時間を使い切った時が、その人の人生の終わりです。
人生は短い、という無常の現実をよく見つめると、限りある毎日を精一杯、大切に生きようという気持ちになります。
悔いなき人生への第一歩は、今日という日は二度と来ないということをよく見つめることなのです。

 

メール講座のご案内

難しいお経の内容を噛み砕いて日本一わかりやすくブッダの教えをメールでお送りします。

メールですので、都合のいい時間にどんな場所でも少しづつ学ぶことができます。

さらに今ならレポートと無料音声ファイルを配布中ですのでお受け取りください。

音声ファイルは毎月先着100名様に限り配布となっております。(メール講座はいつでも停止できます。)

メール講座の内容はこちらで紹介しております。

登録は
こちらから

 

ブッダの教える幸せへの
思考法無料プレゼント

関連記事

  1. どんな行いが苦しみを生み出すのか?十悪の教え

  2. それぞれの立場でそれぞれの見方がある

  3. みなしばらくのご縁と思えば怒りも和らぐ

  4. 限りある命で限りない欲を満たそうとしている

  5. 縁とはどんな意味でしょうか?

  6. 心に棲む青鬼・赤鬼・黒鬼の正体とは何か?