傷つけた相手に仕返しするよりも傷ついた自分の手当をしよう

傷つけた相手に仕返しする前に、傷ついた自分の手当てをすることのほうが大事

怒りが治まらなくてつらい時は、相手への仕返しに心を奪われるよりも、傷ついた自分の心に目を向けてみましょう。
腹が立ったり恨んだりして、苦しんでいる心の底には、「頑張っているのに分かってもらえなかった」「もっと優しくしてもらいたかった」などと、傷ついている自分がいるはずです。
相手をどんなに責めても、傷ついている自分の心が癒やされない限り、怒りは増大するばかりで苦しみはなくなりません。

何が悲しかったのか、どうしてほしかったのか、何が悔しかったのか、という自分の気持ちに目を向けて、それを誰かに聞いてもらったり、ねぎらいの言葉をかけてもらったりすれば、だんだんと心は落ち着いてきます。

今、傷ついているのは、自分自身だと分かれば、傷つけた相手に仕返しする前に、傷ついた自分の手当てをすることのほうが大事だと分かるはずです。相手ではなく自分自身の心に目を向けていきましょう。

 

メール講座のご案内

難しいお経の内容を噛み砕いて日本一わかりやすくブッダの教えをメールでお送りします。

メールですので、都合のいい時間にどんな場所でも少しづつ学ぶことができます。

さらに今ならレポートと無料音声ファイルを配布中ですのでお受け取りください。

音声ファイルは毎月先着100名様に限り配布となっております。(メール講座はいつでも停止できます。)

メール講座の内容はこちらで紹介しております。

登録は
こちらから

 

ブッダの教える幸せへの
思考法無料プレゼント

関連記事

  1. まいたタネは必ず生える 遅い早いがあるだけ

  2. 仏典はどのようにして編纂されたのでしょうか

  3. 自分にしかない原因(業)を見つめよう

  4. 釈迦の出家のきっかけになった四門出遊とは

  5. 正しい方向に向かっての努力でなければ目的地に到着しない

  6. 出息入息不待命終