悪人同士だとケンカにならない!?家庭平和の秘訣

争いが起きる原因は「自分は正しい」という心

ケンカや争いが起きるのは、お互いに「自分が正しい」と思っているからです。自分の間違いを認めず、「間違っているのは、そっちじゃないか」と相手を責めていると、必ずケンカになります。逆に、自らの間違いを認め合うことができれば、トラブルが起きた時でもケンカにはなりません。
このことをわかりやすく教えている話にこんな話があります。

悪人同士だとけんかにならない

あるところにケンカの絶えないAさんの家と、いつも仲むつまじいBさんの家が隣り合っていました。
A家の主人は、隣はどうして仲良くやっているのか不思議でたまらず、ある日、B家を訪ねて、「ご承知のとおり、私の家はケンカが絶えず困っております。お宅は皆さん仲良くやっておられますが、何か秘訣でもあるのでしょうか」と尋ねたそうです。
するとB家の主人は、
「それはそれは、別にこれといった秘訣などございません。ただお宅さまは、善人さまばかりのお集まりだからでありましょう。私の家は悪人ばかりがそろっていますので、ケンカにはならないのです。ただそれだけのことです」と言いました。
善人同士ならケンカになるはずがありません。
てっきり皮肉られているのだと思った、A家の主人は腹を立てて、「そんなバカな!」と、言おうとした時、B家の奥で大きな音がしました。
茶碗が割れた音だったのです。すると、「お母さん、申し訳ありませんでした。私が足元を確かめなかったので、大事なお茶碗を壊してしまいました。私が悪うございました。お許しください」と心から詫びている、お嫁さんの声がします。
「いやいや、あなたが悪かったのではありません。先ほどから片づけようと思いながら後回しにして、そんな所に置いた私が悪かったのです。すまんことを致しました」と続いて姑さんの声が聞こえてきました。
Aさんは、わが家だったら、
「私の大切な茶碗、どうしてくれるの、本当にあなたはそそっかしいのだから」「そんな所に置いておくのが悪いんでしょう。大事な物なら、ちゃんとしまっておいてくださいよ」と大ゲンカになっていたところだ。なるほどこの家の人たちは、みんな悪人ばかりだ。ケンカにならない理由が分かった、と納得して帰ったといいます。
この話から知らされることは、ケンカになるのは、間違いや失敗をしてしまうからではなく、自分の間違いを認めず、相手の間違いを責めてしまうからだということです。
私たちが、間違いを犯さなくなるということは、死ぬまでありません。
お互い間違いだらけの人間なのに、自分は間違っていない、間違っているのはおまえだと、相手を責めるから、
「そう言うおまえはどうなんだ!?」とケンカになるのです。
自分にも間違いが多いと分かれば、相手の間違いに対しても、「お互いさま」と許し合う気持ちになれるのではないでしょうか。

悪人同士だとケンカにならない
心に刻んでおきたいことです。

 

ブッダの教える幸せへの
思考法無料プレゼント

関連記事

  1. 日々是好日とはどんな意味なのでしょうか?

  2. 自分を卑下することに自惚れる

  3. 心に棲む青鬼・赤鬼・黒鬼の正体とは何か?

  4. 毎日のように誰かが亡くなっている

  5. 後生の一大事

  6. 言葉でどれだけの悪を造っているだろうか