巨大な象よりも強い不滅の業力とはなにか?

行いの力は百頭の像よりも強い

植物の種に、花を咲かせる力が宿っているように、行いにも結果を生み出す力があります。この力を仏教で業力といわれます。
「誰も見ていなくても、私たちが言ったり、やったり、思ったりした行いは、結果を生み出す力となって、消えずに、その人自身に宿るのだよ」と、お釈迦さまは説かれます。
ちょうど、植物の種に花を咲かせる力が宿っていることに例えて、私たちの行いをタネと言われるのです。

一九五一年、千葉市で、弥生時代(約二千年前)のハスの種が発見されました。発芽を試みたところ、ピンクの見事な花を咲かせ、世界を驚かせました。一粒のハスの種が、二千年間、花を咲かせる力をずっと蓄え続けていたことに、感動する人は多いでしょう。
このハスの種のように、私たちの行いには、結果という花を咲かせる強い力があると教えられているのです。

私たちの運命を生み出す業力は、とても強い力を持っているので、仏教では、大象百頭よりも強いといわれています。
動物の中で一番の力持ちは象でしょう。業力は、その象、百頭の力よりも強いといわれますから、大変な強さなのです。

業力不滅・行いは力となって消えずに本人に宿っている

この業力は、結果として現れるまで、消えることはありません。これを業力不滅とか、不滅の業力といわれます。

仏教の教えからいえば、どんな行いも、遅いか早いかの差があるだけで必ず結果となって現れます。
このことが分かれば、表裏なく、悪い行いはつつしみ、善い行いをしようという心掛けになります。
では、業力はどこに蓄えらえるのでしょうか?

それは、私の根本の心に蓄えられると説かれますが、根本の心とは一体何か?次の記事をご覧ください。

 

メール講座のご案内

難しいお経の内容を噛み砕いて日本一わかりやすくブッダの教えをメールでお送りします。

メールですので、都合のいい時間にどんな場所でも少しづつ学ぶことができます。

さらに今ならレポートと無料音声ファイルを配布中ですのでお受け取りください。

音声ファイルは毎月先着100名様に限り配布となっております。(メール講座はいつでも停止できます。)

メール講座の内容はこちらで紹介しております。

登録は
こちらから

 

ブッダの教える幸せへの
思考法無料プレゼント

関連記事

  1. 毎日のように誰かが亡くなっている

  2. 六度万行・六波羅蜜とはどんな教えか

  3. 仏滅や大安は迷信?仏教の合理的な教え

  4. 自分自身を映す三つの鏡

  5. 因果応報とはどういう意味なのでしょうか?

  6. 汝らに法鏡を授けるだろう