根本の心・阿頼耶識とはどんな心か?

フロイトやユングも驚く 仏教に説かれる深層心理

人間の心は複雑です。自分の心であっても、なぜ、好きになったのか、その人を選んだのかというとなかなかわかりません。
日々、いろんな物事を選んだり、決めたりしているときも、必ずしも、明確な理由があってというよりも、ただ、なんとなくということの方が多いのではないでしょうか。
あなたが、どうしてあの人を好きになったんですかと聞かれたらなかなか的確に答えることはできないでしょう。
容姿や、社会的地位、収入などは、後からの判断材料で、最初にぐっと引かれる衝動は、本人にも説明がつかないのです。

このように私たちが自覚して意識できている心の部分は、ほんの一部であって、自分でも意識できない心の働きによって、日々の様々な物事を決めたりしているのです。
心理学では、今から百年ほど前に、このようなことが提唱され、現在では定説になっていますが、仏教では、それよりもずっと前から、自覚できる自分というのは、氷山の一角であって、自覚できない根本の心の働きが、今の私を動かしていることを、大変詳しく教えています。

その根本の心を、阿頼耶識(アラヤ識)と言われます。

阿頼耶識とは蔵のような心

阿頼耶(アラヤ)とはという意味です。

ヒマラヤ山脈のヒマラヤとは、正確にはヒム・アラヤだそうですが、ヒムとは雪という意味です。アラヤは蔵という意味ですから、ヒマラヤとは雪の蔵という意味になりますね。

私たちの本心には、過去の行いが力となってすべておさまっていますから、アラヤ識と名付けられています。

阿頼耶識に蓄えられた業力は、結果として現れるまでずっと、力として消えずに残ると説かれます。
これを業力不滅といいます。
阿頼耶識に蓄えられている業力が私を動かすのだと説かれるのですがそれは一体どういうことなのでしょうか。もう少し詳しく説明します。

 

メール講座のご案内

難しいお経の内容を噛み砕いて日本一わかりやすくブッダの教えをメールでお送りします。

メールですので、都合のいい時間にどんな場所でも少しづつ学ぶことができます。

さらに今ならレポートと無料音声ファイルを配布中ですのでお受け取りください。

音声ファイルは毎月先着100名様に限り配布となっております。(メール講座はいつでも停止できます。)

メール講座の内容はこちらで紹介しております。

登録は
こちらから

 

ブッダの教える幸せへの
思考法無料プレゼント

関連記事

  1. 黒鬼とは醜い愚痴の心をあらわしたもの

  2. 諦観するとはどういうことなのか

  3. 相手の優れた点を認めない

  4. 盲亀浮木のたとえの意味と「ありがとう」の由来について

  5. 上から目線は嫌われる

  6. 死んでいく時はひとりぼっち