正しい方向に向かっての努力でなければ目的地に到着しない

正しい目的に向かっての努力でなければならない

精進(しょうじん)のことを、正精進(しょうしょうじん)とも言われます。やみくもに努力するのではなく、正しい方角に向かって努力しなければならないのだということです。

ウサギはカメを見た、カメはゴールを見た

ウサギとカメの話は、だれでも知っている童話です。ほとんどが、ウサギがカメを見くびって油断しているうちにカメがコツコツがんばって抜いてしまった。
だから、油断大敵、慢心は身を亡ぼす、怠惰であってはならないと、油断、慢心、怠惰を戒めた、地道な努力を奨励した話だと思っています。
それは間違いないのですが、もう一つ、このウサギとカメの話しには大事な教訓があるのです。
それは
ウサギはカメを見て、カメはゴールを見たということです。
ウサギはカメに勝ちさえすればいいと勝ち負けだけを問題していました。だから、カメを引き離したと思ったとたん真面目に走る気持ちになれず、手を抜いてしまったのです。
カメは、勝ち負けよりも、ただひたすら、ゴールに精一杯、進むことを目指したのです。だから、ゴールにたどり着くという結果を得たのです。

正しい目的に向かう努力は必ず報われるのです。私たちも目先の勝ち負けに振り回されず、何が大事な目的なのかを見極めてそこに向かうのが大事です。
私たちにとって生涯かけて努力しても悔いないものは何でしょうか。故・高倉健さんの座右の銘を紹介したいと思います。

 

メール講座のご案内

難しいお経の内容を噛み砕いて日本一わかりやすくブッダの教えをメールでお送りします。

メールですので、都合のいい時間にどんな場所でも少しづつ学ぶことができます。

さらに今ならレポートと無料音声ファイルを配布中ですのでお受け取りください。

音声ファイルは毎月先着100名様に限り配布となっております。(メール講座はいつでも停止できます。)

メール講座の内容はこちらで紹介しております。

登録は
こちらから

 

ブッダの教える幸せへの
思考法無料プレゼント

関連記事

  1. 怒りのメカニズム なぜ怒りが起きるのか

  2. プリズンドッグプロジェクトに見る布施の素晴らしさ

  3. ヤショダラ姫との結婚

  4. 上から目線は嫌われる

  5. 水に書いた文字のようにさらさらと怒りを手放すには?

  6. これまでの行いが今を生み出している