道理を明らかに見れば、恨みや呪いの苦しみは消えていく

因果の道理をあきらかにみれば、恨みや呪いの苦しみは消えていく

六度万行も六番目の智慧(ちえ)についてとなりました。ですが智慧とはそもそも、どういう意味でしょうか
辞書で引きますと
「事の道理や筋道をわきまえ、正しく判断する心のはたらき。」とあります。つまり、物事をありのままに見て、正しく判断することを智恵というのです。
智恵の反対は愚痴(ぐち)です。
人をうらんだり、のろったりねたんだり、そねんだりする心を愚痴といいますが、どうして、人を恨んだり、呪ったりする心を愚痴というのでしょうか。
宇宙の真理である因果の道理がまっすぐに見れないからです。因果の道理については、これまで詳しくお話してきました。どんな結果にも必ず、原因がある、原因なしに起きる結果は絶対にない。自分の行いが自分の運命を生み出すのだよと言うことです。

人を恨んだり呪ったりするのは、因果の道理が分からない、愚かで馬鹿な心だから、愚痴と教えられています。因果の道理をあきらかにみて、まいたタネマキを振り返り、怒りの心に飲み込まれず、布施や持戒、精進を実行すれば必ず、良い結果が現われます。
そして、この六度万行は、一つでよいので自分にあったものを一生懸命行えば、6つすべてを行ったことになるのです。どういうことかは、次の記事で解説します。

 

メール講座のご案内

難しいお経の内容を噛み砕いて日本一わかりやすくブッダの教えをメールでお送りします。

メールですので、都合のいい時間にどんな場所でも少しづつ学ぶことができます。

さらに今ならレポートと無料音声ファイルを配布中ですのでお受け取りください。

音声ファイルは毎月先着100名様に限り配布となっております。(メール講座はいつでも停止できます。)

メール講座の内容はこちらで紹介しております。

登録は
こちらから

 

ブッダの教える幸せへの
思考法無料プレゼント

関連記事

  1. シッダルタ太子の出家の決意はどのようなものだったか

  2. 人間はしてあげたことをずっと覚えている

  3. 心の中身がそのまま心になったらどうだろう

  4. 自分を卑下することに自惚れる

  5. 怒りのツボを自覚しておく

  6. どんな行いが苦しみを生み出すのか?十悪の教え