本来の自業自得の意味とは?

自業自得の正しい意味をご存じですか

幸せ不幸せという運命は一体、何によって決まるのでしょうか?仏教では、運命の原因と結果の法則を一言で、自業自得(じごうじとく)と教えられています。

自業自得というと何か悪いことが起きた時だけに使うことが多いようです。
例えば、全く勉強せずに遊びほうけていて、留年をしてしまった学生に対して、「勉強しなかった君の自業自得でしょ」と言います。
酒を飲みすぎて二日酔いになってしまった人が、「飲みすぎた。自業自得だ」と自分で言ったりします。
このように、うまくいかなかったり、ひどい目にあったりした原因が、元をただすと自分の行いにあったと分かった時、「自業自得」と言います。

しかし、自業自得の本当の意味からいうと、悪いことが起きた時だけが自業自得ではありません。善い結果が起きた時も自業自得なのです。

自業自得のとは、カルマという昔のインドの言葉を漢字で表したものです。日本語では、行為、行いという意味です。ですから、自業自得は、自分の行いの結果を自分で得る、という意味なのです。

自分の行いの結果は、自分に返ってきます。自分が一生懸命勉強すれば、自分の成績が上がります。お酒を控え、食生活にも気をつけていれば、自分の体が健康になります。
これらは、自分の行いが自分に返ってきたのですから、自業自得なのです。
つまり、
「あなたの幸せ、不幸せを決めているのは、あなたの行いなのだよ」とお釈迦さまは教えられています。これが自業自得という言葉の本来の意味なのです。
私たちは物事が思いどおりにいかなかったり、苦しいことや失敗が続いたりしてしまうと、なんで俺だけ、私だけこんな目にあうのだろう、頑張ってもどうせダメだと投げ出したい気持ちになってしまいます。

ですが、お釈迦さまは、
「自分の行いは間違いなく自分に返ってくる。 あなたの行いは、あなたを裏切らないのですよ」と言われています。だから、自分の行いを信じて頑張れば、必ず道は開けるのです。

自分の運命はどうなるのだろうと不安に思った時、このお釈迦さまの教えをものさしにしてください。

 

メール講座のご案内

難しいお経の内容を噛み砕いて日本一わかりやすくブッダの教えをメールでお送りします。

メールですので、都合のいい時間にどんな場所でも少しづつ学ぶことができます。

さらに今ならレポートと無料音声ファイルを配布中ですのでお受け取りください。

音声ファイルは毎月先着100名様に限り配布となっております。(メール講座はいつでも停止できます。)

メール講座の内容はこちらで紹介しております。

登録は
こちらから

 

ブッダの教える幸せへの
思考法無料プレゼント

関連記事

  1. 言葉でどれだけの悪を造っているだろうか

  2. よこしまな男女関係を邪淫という

  3. 生死一如

  4. 七つの自惚れ

  5. 一瞬一瞬、命の藤蔓は削られている

  6. 底知れない欲の心に苦しんでいます