布施すべき相手をおしえた三福田の教えとは

どんな人に布施(親切)すればよいのでしょうか?

布施は、一言でいえば、親切ということですが、でも、誰にでも親切をすればいいというものでもありません。ドロボーが、家に侵入するのに難儀しているのをみて、手助けするのは、これは、とてもよいタネまきではありませんよね。

では、私たちは、どんな相手に親切をすればいいのでしょうか?
お釈迦様は、それについてもちゃんと教えてくださっています。
それが、三福田(さんふくでん)という教えです。

三福田とはどんな人をいうのでしょうか?

お釈迦さまは、親切にすべき相手を三つの田んぼに例えて教えられています。これを三福田といいます。

三つとは悲田(ひでん)(本当に困っている人)
恩田(おんでん)(ご恩を受けている人)
敬田(きょうでん)(敬うに値する人)の三つになります。
三福田に当たる人たちに布施をすると、すばらしい結果が返ってきます。田んぼにタネをまくと実りを得るのは、タネをまいた本人です。
田んぼは、秋になると、春にまいたモミダネとは比較にならないほどたくさんの米が収穫できます。だから、お釈迦さまは田んぼに例えられたのです。
では、悲田、恩田、敬田とはどんな人のことなのでしょうか?次の記事を読んでください。

 

メール講座のご案内

難しいお経の内容を噛み砕いて日本一わかりやすくブッダの教えをメールでお送りします。

メールですので、都合のいい時間にどんな場所でも少しづつ学ぶことができます。

さらに今ならレポートと無料音声ファイルを配布中ですのでお受け取りください。

音声ファイルは毎月先着100名様に限り配布となっております。(メール講座はいつでも停止できます。)

メール講座の内容はこちらで紹介しております。

登録は
こちらから

 

ブッダの教える幸せへの
思考法無料プレゼント

関連記事

  1. 道理を明らかに見れば、恨みや呪いの苦しみは消えていく

  2. 自分にしかない原因(業)を見つめよう

  3. すべては因縁和合して生じた結果

  4. 死んでいく時はひとりぼっち

  5. よこしまな男女関係を邪淫という

  6. 怒りの蛇に飲み込まれないように