欲のために生き、欲のために死ぬ

欲を満たす楽しみに我を忘れている

人間の実相のたとえの中で、旅人は、のことも、のことも深海のことも、ネズミのことも忘れて、五滴の蜂蜜をなめることだけに没頭をしています。
この五滴の蜂蜜とは、五欲を満たす楽しみを例えています。
五欲とは、食欲、財欲、色欲、名誉欲、睡眠欲のことで、これらを満たす楽しみを五楽といいます。この五楽が五滴の蜂蜜です。
命の実相を見れば、吸う息、吐く息が死と触れ合っているのに、ただ、美味しいものを食べたい、より豊かな生活を送りたい、ほめられたい、楽がしたいと五楽を求め、五楽を満たす楽しみに我を忘れ、人生に終わりがあることも忘れているのが、蜂蜜をなめることに没頭している旅人の姿です。

皆、急がなくてもよいことに一生懸命になっている

人生は、あっという間なのに、目先の欲を満たすことのみにかけがえのない命を費やしています。
そして、人生の本当に大切な大事を知りません。
世人薄俗にして、共に不急のことを争う (大無量寿経)
とブッダは説かれます。
「世人」とは、世の人はということ
「薄俗」とは、薄っぺらいということ
「共に不急のことを争う」とは、一緒になって、急がなくてもいいことを、争って奪い合っている。
ということです。勝った負けた、損した得したに振り回されている間に、人生は「あっ」という間に終わってしまうのです。
本当になさねばならない大事とはなんでしょうか。深く考えずにはおれません。

 

ブッダの教える幸せへの
思考法無料プレゼント

関連記事

  1. プリズンドッグプロジェクトに見る布施の素晴らしさ

  2. シッダルタ太子の出家の決意はどのようなものだったか

  3. 釈迦の出家のきっかけになった四門出遊とは

  4. 底知れない欲の心に苦しんでいます

  5. よこしまな男女関係を邪淫という

  6. なぜ欲の心を悪と言われるのか、それは本質が我利我利だから